リオネル・メッシ 心を動かす名言集 – Page 1

サッカー界の巨星、リオネル・メッシ。彼のプレーは世界中の人々を魅了し、その言葉は私たちに深いインスピレーションを与えてきました。

彼の名言には、「何かの最高選手に選ばれることは特別ですばらしいことだ。しかしタイトルがなければ、目的は何も達成されない。」、「常に勝つことはできない。時にはそのことを受け入れなければならない。」などがあります。

このブログでは、メッシの名言を通じて彼の哲学、人生観、そしてサッカーへの情熱を探求していきます。それぞれの名言が、あなたの人生やサッカーへの見方に新たな視点をもたらすことでしょう。さあ、一緒にメッシの世界を旅しましょう。

リオネル・メッシの人生

項目内容
本名リオネル・アンドレス・メッシ・クッシッティーニ
生年月日1987年6月24日
出生地アルゼンチン、ロサリオ
バルセロナ入団2000年(13歳)
バルセロナでの通算成績778試合出場、672得点
バロンドール受賞回数7回
UEFAチャンピオンズリーグ優勝回数4回
ラ・リーガ優勝回数10回
コパ・デル・レイ優勝回数7回
アルゼンチン代表初選出2005年8月
FIFAワールドカップ最高成績優勝(2022年)
コパアメリカ最高成績優勝(2021年)

リオネル・メッシ、本名リオネル・アンドレス・メッシ・クッシッティーニは、1987年6月24日にアルゼンチンのロサリオで生まれました。彼の父親はかつてサッカー選手となる夢を追っていたが、その後、鉄鋼会社の工場長になっていました。メッシは5歳のときに父がコーチを務めるクラブで本格的にサッカーを始めました。彼は13歳でアルゼンチンから下部組織に加入してバルセロナ一筋でプレーしました。在籍21年で公式戦通算778試合に出場して672得点を記録し、4度の欧州チャンピオンズリーグ(CL)など35個のタイトル獲得を支えてきました。彼は10度のラ・リーガ、7度のコパ・デル・レイ、4度のUEFAチャンピオンズリーグ(以下CLと表記)を含むバルセロナ歴代最多35回のタイトル獲得に貢献し、クラブ歴代通算最多得点(672ゴール)の記録を保持しており、ラ・リーガ(474ゴール)歴代最多ゴール記録、CL歴代最多ハットトリック記録(8)、ラ・リーガ歴代最多アシスト記録(192)を保持しています。また、歴代最多7度のバロンドールを受賞し、また前人未踏の4年連続バロンドール受賞も達成、6度のCL得点王と歴代最多6度のゴールデンシュー(欧州得点王)を獲得し、多くのサッカー関係者や選手に史上最高のサッカー選手と称されています。アルゼンチン代表では2005年8月から代表に初選出。2010年からキャプテンを務めた。アルゼンチン代表での最多得点記録、最多アシスト記録の保持者。ユース世代では、2005 FIFAワールドユース選手権に出場し優勝、メッシ自身もゴールデンボール賞(MVP)、ゴールデンシューズ賞(得点王)を受賞、2008年には北京オリンピックに出場し、金メダルを獲得した。2014 FIFAワールドカップではアルゼンチンの準優勝に貢献し、大会MVPにあたるゴールデンボールを受賞した。コパアメリカ2021では得点王、アシスト王、MVPの”個人賞3冠”を達成し、アルゼンチンを28年ぶりのコパアメリカ優勝に導いた。彼は2006年以来スポーツ用品メーカーであるアディダスとスポンサー契約を結んでおり会社の主要なパートナーとしての地位を確立しています。2017年にはFCバルセロナとプロスポーツ史上最高額での契約となる4年総額705億円の年俸契約を結んだ。彼は世界中から愛されており、「神」とも称されています。その功績と影響力は今もなお語り継がれています。彼の存在しない世界は想像できません。彼はただのサッカー選手以上の存在であり、彼が残したレガシーは永遠に忘れられることはありません。彼はサッカー界だけでなく、世界中から愛された「サッカーの神」であり続けるでしょう。

リオネル・メッシの名言集(1)

名言1

何かの最高選手に選ばれることは特別ですばらしいことだ。
しかしタイトルがなければ、目的は何も達成されない。

名言2

常に勝つことはできない。
時にはそのことを受け入れなければならない。

名言3

実際のところは、ずっとバルセロナにとどまり、この地で自分のキャリアを最後まで見届けるというのがわたしの考えでした。
わたしがいつも言っているように、将来何が起こるかはわかりませんが、自分で決められるのであれば、残りのキャリアもバルセロナにとどまります。

名言4

時計製造のような厳密さと精密さなしには、サッカーにおける才能と優雅さには何の意味もない。

名言5

個人的な話をすれば、自分が何をしたのか、自分のキャリアの中で何を成し遂げてきたのかを完全に理解するのは、引退してからだと思う。

名言6

わたしの職業はサッカー選手だ。
それがわたしの好きなことなんだ。

名言7

わたしはプレーについて考えたり、思い描くことはない。
その瞬間にひらめいたことをする。
直感だ。
いつもそうだった。

名言8

わたしとしては、人々の生活、特に問題を抱えている世界中の子どもたちの生活をもっと耐えられるものにするために微力を尽くしています。

名言9

本当に愛していることのためなら、どんなことでも乗り越えられる。

名言10

今日、わたしは世界で最も幸せな男だ。
息子が生まれた。
この贈り物を神に感謝します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました