スティーブ・ジョブズの名言120選!ジョブズってどんな人?エピソードや功績も紹介!

スティーブ・ジョブズ 名言ブログのキャッチコピー スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズと聞けば、Appleの創業者でPCやスマートフォンを世に送り出した超人的な実業家というイメージですよね。そんな彼は奇人としても知られ、ストレスが溜まると便座で足を洗ったりと兎に角エピソードの絶えない人物ですね。そんな彼の名言は常人では到底辿りつかないような思考がシンプルにまとめられており、人生の道標として非常に役立ちます。このブログではそんな彼の名言を紹介してきますが、手始めに一番有名な名言をここに記します。

Stay Hungry, Stay Foolish. (ハングリーであれ、愚かであれ)

https://kabushikihakushi.com/2023/09/15/stevejobs_quotes-page-1/

スティーブ・ジョブズってどんな人?

項目情報
生年月日1955年2月24日
出生地カリフォルニア州サンフランシスコ
死亡日2011年10月5日
死因膵臓癌
学歴リード大学中退
主な職歴アップル共同創業者、ピクサーCEO、NeXT創業者
主な業績アップルI、アップルII、マッキントッシュ、iMac、iPod、iPhone、iPad
影響を受けた人物ボブ・ディラン、エドウィン・ランド
影響を与えた人物ティム・クック、ジョナサン・アイブ
特筆すべき点デザインとテクノロジーの融合による製品革新

スティーブ・ジョブズは、1955年にカリフォルニア州サンフランシスコで生まれました。彼は高校卒業後、短期間リード大学に通いましたが、中退し、1970年代後半にスティーブ・ウォズニアックと共にアップルコンピュータを設立しました。彼らはアップルIとアップルIIを開発し、パーソナルコンピュータ産業の先駆者となりました。1980年代初頭、ジョブズはマッキントッシュを発表し、グラフィカルユーザーインターフェイスとマウスの普及に大きく貢献しました。しかし、1985年にアップルを追われた後、彼は新たなコンピューティング企業NeXTを設立し、後にアニメーションスタジオピクサーのCEOとなりました。1997年、アップルはNeXTを買収し、ジョブズはアップルに復帰しました。彼のリーダーシップの下、アップルはiMac、iPod、iPhone、iPadなどの革新的な製品を次々と発表し、デジタル音楽、スマートフォン、タブレット市場で大きな成功を収めました。ジョブズは、製品デザイン、マーケティング、企業戦略において類いまれな才能を発揮し、現代のテクノロジーとデザインの分野に大きな影響を与えました。2011年10月5日に亡くなるまで、彼は技術革新と芸術的美学を追求し続けました。ジョブズの遺産は、今日でも多くの人々に影響を与え続けています。

ジョブズのエピソード5選!やばいエピソードも

iPhoneの開発など圧倒的なカリスマ性で知られるスティーブ・ジョブズですが、実は奇人としても知られ、やばいと言わざる負えないエピソードが数々あります。そんなジョブズのエピソードをまとめました。

Macintosh開発秘話

Macの開発のきっかけは、ジョブズと部下のエンジニアたちがゼロックスのパロアルト研究所で目にしたGUIベースの実験機「Alto」にありました。ジョブズはゼロックスがこの技術を一般向けの商品化には考えていないことを知り、Apple流のやり方で実用化することを決意しました。興味深いことに、Macの開発を立ち上げたのはジョブズではなく、Appleの従業員であったJef Raskinでした。Raskinは使いやすく、価格を手頃に抑えたコンピューターを作ることを目指していましたが、ジョブズはどんなに値が張っても、あらゆる機能を備えた完全なコンピューターを求めるという、まったく異なるビジョンを持っていました。結局、ジョブズが1981年にプロジェクトを引き継ぎ、「万人のためのコンピューター」という彼のビジョンをプロジェクトに吹き込みました。そして1984年1月24日、カリフォルニア州クパチーノで行われたAppleの年次株主総会で、ジョブズは初代Macを世に紹介しました。この初代Macは、その後のパーソナルコンピュータのあり方を根底から変えるほどのインパクトを業界にもたらしました。これらのエピソードは、現在のパーソナルコンピュータの進化と発展に大きな影響を与えています。

自分の会社を追い出される!?一晩で数千億失う

スティーブ・ジョブズがAppleから追い出されたエピソードは、彼のキャリアにおいて重要な転換点となりました。ジョブズはAppleの創業者であり、Macintosh部門を束ねていましたが、社長だったジョン・スカリーとの対立により、役員の大多数から支持されたスカリーによって事実上解任され、名誉職の会長のみが残されました。この出来事により、ジョブズは1985年9月にAppleを去り、数名のエンジニアを引き連れて新しい会社NeXTを設立しました。NeXTは教育用・ビジネス用ワークステーションを製造し、1996年にAppleに買収されることでジョブズのAppleへの返り咲きのきっかけとなりました。ジョブズは1996年に非常勤顧問としてAppleに復帰し、徐々に経営の実権を握り、経営陣をほぼ一新しました。この一連のエピソードは、パーソナルコンピュータの進化と発展に大きな影響を与えています。

ピクサーを設立!?次々と技術革新

ピクサーの設立は、スティーブ・ジョブズが1985年にAppleを追われた後の出来事でした。彼は自身がAppleの株式売却で得た700万ドルを出資し、新会社として「NeXT」を創業しました。その一方で、ジョブズは次なるビジネスを模索しており、ジョージ・ルーカスが率いるルーカスフィルムのCG部門の売却話を聞きつけました。当時、ジョージ・ルーカスは離婚の慰謝料を支払う必要に迫られており、このCG部門を売却せざるを得ない状況にありました。交渉相手はディズニー社とGMの2社でしたが、ディズニー社はCGを重要なものと考えていなかったため買収を断り、GMはCEOの交替で話が流れてしまっていました。この離婚話を聞きつけたのがスティーブ・ジョブズで、彼は直感的にCGが映画分野での起爆剤になると判断しました。ジョブズは、交渉相手をなくし、緊急にお金を必要とするジョージ・ルーカスが理想の交渉相手だと考え、ルーカス本人に500万ドル、ルーカスフィルムに500万ドルの合計1,000万ドルに値切り倒し、買収後新会社として「ピクサー」が誕生したのです。そして1991年、ジェフリー・カッツェンバーグ氏率いるディズニーが、ピクサーとの間に「ピクサーが3本の長編アニメーション映画を制作し、ディズニーが資金提供とプロモーションと配給を担当する」という契約を締結しました。そして、第1作目として取り掛かったのが、ジョン・ラセター氏が監督を務める『トイ・ストーリー』でした。

iPhoneの開発

ジョブズがiPhoneを開発した際、彼は当初、画面への入力にはスタイラスではなく指を使うべきだと考え、タッチスクリーン技術を搭載したタブレット端末の開発グループを結成しました。しかし、デザインチームが携帯電話サイズの端末のデモを作成したところ、ジョブズはタブレットの開発を中止し、その代わりにiPhoneの開発に全力を注ぐことを決定しました。また、ジョブズはiPhoneの発表プレゼンテーションに向けて、丸6日間にわたりリハーサルを繰り返しました。彼は「どんなケータイより賢く、超カンタンに使える」というコンセプトを強調し、iPhoneの性能はもとより、シンプルでユニークなプレゼンからも、ジョブズのすごさがあらためて伝わってきました。さらに、ジョブズは当時まだiPhoneの影も形もなかった頃、iPhoneを開発することに不安を抱いていました。彼はAppleがiPhoneによって発展の重心を失ってしまうことを心配していたと言われています。また、ジョブズはiPhoneの試作機を水槽に沈め、その中から出てきた気泡を指摘し、「まだ小さくできる」と技術者に指示したとされています。これは、ジョブズが製品の小型化に対する執念を示すエピソードとしてよく引用されます。

禅と水平寺

スティーブ・ジョブズと禅仏教の関係は、彼の生涯にわたって重要な影響を与えました。ジョブズは若い頃から精神的な探求を行っており、1974年にインドを訪れた際に禅仏教に興味を持ち始めました。この旅は、彼の人生と見方を大きく変えることになりました。ジョブズは様々な東洋哲学を試し、最終的に禅仏教に惹かれました。ジョブズは特に新潟出身の禅僧、小保方光文(Otogawa Kōbun)との出会いによって深い影響を受けました。光文はジョブズの精神的メンターとなり、彼らは一緒に瞑想のリトリートを行うなど、長年にわたって交流を持ちました。ジョブズは禅仏教の実践を通じて、心を静め、直感を育む方法を学びました。この精神的訓練を通じて、自分が本当に欲しいものを発見し、それを製品開発に反映させました。ジョブズのアップル製品のデザインには、禅仏教の影響が見て取れます。彼の製品は、禅の教えである純粋さ、シンプルさ、目的意識を反映したものであり、アップルの代表的なデザイン美学となっています。ジョブズは、完璧な製品を追求することは決して完全に達成されない目標だと受け入れ、その「成り行き」としてのプロセスに満足を見出していました。彼の仕事に対する厳格な姿勢は、禅仏教の哲学に根ざしていたと言えます。

めちゃくちゃ不潔なジョブズ

スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズは、果物を中心とした菜食主義者で、特にリンゴを主に食べていました。彼はまた、ビーガン(完全菜食主義者)になることもあり、肉や魚をはじめ卵や乳製品など動物が関連する食物の摂取を避けていました。彼は野菜しか食べなければ体臭が発生しないと信じており、そのためか彼はほとんどお風呂に入らなかったと言われています。また、ジョブズはアタリ社で働いていたとき、長髪で風呂に入らず、ビルケンシュトックサンダル(または裸足)でうろつく不潔な姿に加え、誰彼かまわず尊大な態度で接したため、夜勤でひとり勤務していたにもかかわらず、技術部長のアラン・アルコーンなどの同僚の反感を買っていました。

スティーブ・ジョブズの名言集(1)

名言1

金のためにやってきたわけではない。
買いたいものなんてすぐに尽きてしまう。

名言2

キャリアではない。
私の人生なんだ。

名言3

1年で2億5000万ドルも失ったのは、知っている限りでは私だけだ。
人格形成に大きな影響を与える出来事だった。

名言4

ピンチの時には身近にいる社員を総動員して、彼らを信じるんだ。

名言5

我々がすることと同じくらい、我々がしないことを私は誇りに思う。

名言6

一つのことを、一生やり続けられると確信する日がくる。

名言7

コンピュータに進んだのは、やってる人がほとんどいない領域だったからだ。

名言8

大事なのは自分の心に素直になることだ。

名言9

あなたがテレビのスイッチをオンにするのは、あなたが自分の脳のスイッチをオフにしたいからだと思います。
それに対してコンピュータで仕事をするのは、脳のスイッチをオンにしたいときではないでしょうか。

名言10

知ってると思いますが、私たちは自分たちの食べる食べ物のほとんどを作ってはいません。
私たちは他人の作った服を着て、他人のつくった言葉をしゃべり、他人が創造した数学を使っています。
何が言いたいかというと、私たちは常に何かを受け取っているということです。
そしてその人間の経験と知識の泉に何かをお返しができるようなものを作るのは、すばらしい気分です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました