デール・カーネギー 心を動かす名言集 – Page 1

こんにちは、デール・カーネギーの名言の世界へようこそ!カーネギーは、人々が自分自身を超えて成長し、人間関係を築き、成功へと導くための普遍的な真理を見つけ出しました。彼の言葉は、私たちが人生の困難に立ち向かい、自己啓発を追求するための羅針盤となります。

彼の名言には、「深い思いやりから出る感謝の言葉をふりまきながら日々を過ごす。これが友を作り、人を動かす妙諦である。」、「自分のしていることに楽しみを見出すことが出来なければ、めったに成功することはない。」などがあります。

このブログでは、カーネギーの名言を通じて、その深遠な洞察と智慧を共有します。それぞれの名言があなたの心に響き、あなた自身の人生の旅に新たな視点とインスピレーションをもたらすことを願っています。さあ、一緒にカーネギーの名言の世界へと足を踏み入れてみましょう!

デール・カーネギーの人生

カテゴリ内容
生年月日1888年
出身地米国ミズーリ州
初期の職業中古車販売、日用品販売、雑誌記者
転機YMCAの夜間学校で弁論術講座の講師を担当
主な著書『人を動かす』(1936年)、『道は開ける』(1948年)
業績研修機関設立、コミュニケーションやリーダーシップ、セールス、スピーチなどのスキル教育
死去1955年

デール・カーネギーは、1888年に米国ミズーリ州の農家に生まれました。彼は教師を志して州立学芸大学に進学しましたが、大学を卒業後は、中古車や日用品の販売職、雑誌記者などを経験したのち、俳優を目指してニューヨークへと移り住みました。しかし、俳優としての成功は叶わず、彼はさまざまな職業を転々としました。カーネギーの転機となったのは、YMCAが主催していた社会人向けの夜間学校で、弁論術講座の講師を担当したことでした。彼は学生時代にディベート大会で活躍した能力と人柄を生かし、その授業が好評を博しました。そして彼は気づきました。生徒たちに必要なのは単なる話術や人前での上手な話し方のテクニックではなく、対人関係の根本にあるものだと。そこでカーネギーは独自に教材を開発し始めました。そして1936年、48歳になった彼が出版したのが『人を動かす』です。この本は発売直後から社会現象となり、一時的なブームに終わることなく、現在まで読み継がれています。その後も彼は研修機関を設立し、コミュニケーションやリーダーシップ、セールス、スピーチなどのスキルを教え続けました。そして1948年には『道は開ける』を出版しました。この本では日々の生活で感じるストレスや悩みへの対処法が書かれています。デール・カーネギーはその後も多くの影響力ある書籍を残し、1955年に亡くなるまで人々に影響を与え続けました。彼の教えは今日でも多くの人々に支持されており、その影響力は計り知れません。

デール・カーネギーの名言集(1)

名言1

深い思いやりから出る感謝の言葉をふりまきながら日々を過ごす。
これが友を作り、人を動かす妙諦である。

名言2

動かないことが疑いと恐れを生み出す。
行動は自信と勇気を生み出す。
もしあなたが恐れを克服したいと思うのなら、家の中で座って考えたりしてはいけない。
外に出て、忙しくするのだ。

名言3

自分のしていることに楽しみを見出すことが出来なければ、めったに成功することはない。

名言4

いいですか。
昨日あなたが心配していた明日が、今日なのですよ。

名言5

運命がレモンをくれたら、それでレモネードを作る努力をしよう。

名言6

小事に煩わされないために必要なことは、努めて力点を変えてみること。
つまり、心の中に新しく愉快な視点を作ることだ。
気にする必要もなく、忘れてもよい小事で心を乱してはならない。
小事にこだわるには人生はあまりにも短い。

名言7

同じ場所で同じ仕事をし、名声も財産も同じような二人の人間がいても、一人は幸福で一人は不幸だ。
理由は精神の持ちようが違うからである。

名言8

この世は興味あるもので満ち満ちている。
こんな素晴らしい世界で、だらだらと人生を送るのはもったいない。

名言9

機会を逃すな。
人生はすべて機会である。
一番先頭を行く者は、やる気があり、思い切って実行する人間である。

名言10

もし自分が間違っていたと素直に認める勇気があるなら、災いを転じて福となすことができる。
過ちを認めれば、周囲の者がこちらを見直すだけでなく、自分自身を見直すようになるからだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました