豊臣秀吉ってどんな人?彼を象徴するエピソードと心に響く名言(Page 2)

豊臣秀吉の名言集(2)

名言11

負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ。
逆になろうと、人には勝つと言い聞かすべし。

名言12

それは上々、一段の吉日にござる。
信長公のために討ち死にするは覚悟のうえ、二度と生きて帰ろうとは思わぬ。
さてまた光秀の天命が尽きれば、大利を得て、思いのままに国をもらい、この播磨の城に帰ることはない。

名言13

人と物争うべからず、人に心を許すべからず。

名言14

家康は愚か者だ。
が、油断のならない愚か者だ。

名言15

信長公は勇将であるが良将ではない。
剛を持って柔に勝つことを知ってはおられたが、柔が剛を制することをご存じなかった。
ひとたび敵対した者に対しては、怒りがいつまでも解けず、ことごとく根を断ち葉を枯らそうとされた。
だから降伏する者をも誅殺した。
これは人物器量が狭いためである。
人には敬遠され、衆から愛されることはない。

名言16

女狂いに好き候事、秀吉真似これあるまじき事

名言17

世が安らかになるのであれば、わしはいくらでも金を使う。

名言18

返す返す秀頼のこと
頼み申し候
五人の衆
頼み申し候
頼み申し候

名言19

主人は無理をいうなるものと知れ。

名言20

ひそかにわが身の目付に頼みおき、時々異見を承わり、わが身の善悪を聞きて、万事に心を付けること、将たる者、第一の要務なり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました