高杉晋作 心を動かす名言集 – Page 3

高杉晋作の名言集(3)

名言21

天地も人も皆気のみである。
気を養えば、人間あとは行動に移すのみだ。

名言22

苦労する身は厭わねど、苦労し甲斐のあるように。

名言23

これよりは長州男児の腕前お目に懸け申すべく

名言24

負けて退く人をよわしと思うなよ。
知恵の力の強きゆえなり。

名言25

世間の人々は名誉や利益を追って走っている。
そんな時代に利益や名誉を捨てる僕のようなものが他にいるだろうか。
僕はたとえ牢で死んでも恨みはない。

名言26

過ちを改めれば、それは過ちではないのだ。

名言27

少年の頃、読んだ本に「学問を成すなら世間から利口と思われる人になるな。世間から愚者と思われる人になれ。」とあったので世間から愚者と思われる人になろうと僕は願った。

名言28

人間、窮地におちいるのはよい。
意外な方角に活路が見出せるからだ。
しかし、死地におちいれば、それでおしまいだ。
だから、おれは困ったの一言は吐かない。

名言29

三千世界の鴉を殺し
ぬしと朝寝をしてみたい

名言30

人は旧を忘れざるが義の初め。

コメント

タイトルとURLをコピーしました