高杉晋作 心を動かす名言集 – Page 2

高杉晋作の名言集(2)

名言11

直言実行、傍若無人、死を恐れない気迫があるからこそ、国のために深謀深慮の忠も尽くせるのだ。

名言12

「朝に人としての道を悟ることができれば、その晩に死んでも悔いはない」という事こそが人の道である。
人としての努力をすることもなく、ただ死に向かうのは人の道ではない。

名言13

心すでに感ずれば、すなわち、口に発して声となる。

名言14

翼あらば
千里の外も飛めぐり
よろづの国を
見んとしぞおもふ

名言15

後れても
後れてもまた
卿(きみ)たちに
誓ひしことを
われ忘れめや

名言16

天賦のかんによって、その場その場で絵をかいてゆけばよい。

名言17

男児が事を成すには時があるのだ。
たとえ市井の侠客と呼ばれても、胸にある一片の素の心は全く変わっていない。

名言18

おもしろき
こともなき世を
おもしろく

名言19

先が短いなら短いなりに僕は面白う生きたい。
派手な打ち上げ花火を打ち上げて、消えていく…
それが高杉晋作の生き方ですき。

名言20

人は人
吾は吾なり
山の奥に
棲みてこそ知れ
世の浮沈

コメント

タイトルとURLをコピーしました