王貞治 心を動かす名言集 – Page 2

王貞治の名言集(2)

名言11

チームでも人でも、成長するときは45度の角度で一本調子で上がっていくことはない。
最初は見えないくらいジワジワと上がっていき、途中から急カーブで伸びるものです。
そのジワジワの時期にも、監督としては辛抱強く言い続けること、そして待ち続けることが大事なのです。

名言12

僕は人生は円だと思ってきました。
朝があれば、昼があり、夜があって、朝がくる。
季節で言えば冬がくれば、春、夏、秋がきて。
これはもう止めようがありません。
人間もサイクルみたいなものがあって、調子がいいときもあれば、悪いときもある。

名言13

勝負は、「ゲームセット」と審判が言うまで、分からない。

名言14

ヒットを打てなくても口惜しくなくなったし、ホームランを打ってもそんなに嬉しくなくなった時、限界がきたと思った。

名言15

練習で120%の力で振れ。
そうすれば試合は80%の力でいい。

名言16

最高のものを求める強い気持ちがないと、結果は出ないものなんだよ。

名言17

ときには嵐のような逆風が人を強くする。

名言18

カネほしさに野球をやる人は、決して本物にはなれないでしょう。

名言19

僕の役目はホームランを打つことだ。

名言20

ホームランを打つことは注目されたけど、それ以外は、あくまでも王貞治だと思っていた。
世間はなかなかそう思っていなかったけど、僕はそういう生き方をしようと思っていたからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました