王貞治 心を動かす名言集 – Page 1

王貞治さんは、日本のプロ野球界を代表するレジェンドであり、その名言は彼の人生観や哲学を如実に表しています。「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない」という彼の名言は、彼の闘魂を象徴する言葉として多くの人々に親しまれています。

このブログでは、王貞治さんの名言を通じて、彼の人生観や哲学を探求していきます。彼がどのように「挑み続けた男・王貞治」として生きてきたのか、その真実を一緒に考えてみましょう。王貞治さんの名言から得られる深い洞察と共に、私たち自身の成長と成功について考える機会にしていきたいと思います。.

王貞治の人生

項目内容
生年月日1940年5月20日
出身地東京都墨田区
初期のクラブ読売ジャイアンツ
プロ野球キャリア1958年から1980年までプレイ。史上4人目かつ日本プロ野球史上唯一となる3度の三冠王達成など数々の記録を持つ。
監督キャリア読売ジャイアンツや福岡ソフトバンクホークスで監督を歴任。2006年の第1回ワールド・ベースボール・クラシックでは日本代表監督を務め、優勝へ導く。
名言「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない」

王貞治さんは、1940年5月20日に東京都墨田区で生まれました。彼の人生は、多くの挑戦と成功で彩られています。彼は1959年に読売ジャイアンツに入団し、その年の新人王、本塁打王、打点王を獲得しました。彼の活躍は止まることなく、その後も多くの記録を打ち立てました。彼は日本プロ野球において400本塁打・2000安打の同時達成は大卒では史上初である。NPB最多記録となる最多安打を10回獲得、セ・リーグ最多記録となる首位打者を6回獲得しました。1977年に世界記録となる通算756号本塁打を放ち、初の国民栄誉賞を受賞しました。1980年に現役引退しました。引退後は読売ジャイアンツや福岡ソフトバンクホークスで監督を歴任しました。2006年の第1回ワールド・ベースボール・クラシックでは日本代表監督を務め、優勝へ導きました。現在も福岡ソフトバンクホークス株式会社取締役会長として活躍しています。彼の人生は、「挑み続けた男・王貞治」の真実を追求することで理解することができます。彼が残した名言「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない」という信念の下、全てを野球で跳ね返し愛される人物となりました。野球しかない寂しい人生かもしれないが、野球で全てを手に入れ、伝説となった。

王貞治の名言集(1)

名言1

もう打てないんじゃないかという恐怖は、常について回るんです。
結果を残してきた人ほど不安と戦ってきたはずだし、恐怖心を持っていない人は本物じゃない。
その怖さを打ち消したいがために、練習するわけです。

名言2

ジャイアンツでは、何のための練習なのか、自分の役割は何なのかを明確に意識していました。

名言3

勝つための最善の努力は、どんな時もやめてはいけない。
逃げたらだめなのです。

名言4

王貞治のバッティングが出来なくなりました。

名言5

仕事は忍耐第一主義。

名言6

自分のためにやるからこそ、それがチームのためになるんであって、「チームのために」なんて言うやつは言い訳するからね。
オレは監督としても、自分のためにやってる人が結果的にチームのためになると思う。
自分のためにやる人がね、一番、自分に厳しいですよ。

名言7

敵と戦う時間は短い。
自分との戦いこそが明暗を分ける。

名言8

いい時もあるし、悪い時もあります。
自分もまた、それで初心に戻れたりしましたね。

名言9

名選手になることは難しくない。
努力を怠らず、目の前にあるものをキッカケを逃さずに、確実に掴んでいけば、必ずどうにかなる。

名言10

直球を一球でしとめろ。
それができなくなれば終わりだぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました