マイルス・デイヴィスの名言54選!彼の名盤の何が凄かったのかも解説

マイルス・デイヴィスの名言ブログのアイキャッチ画像 マイルス・デイヴィス
マイルス・デイヴィスの肖像画

マイルス・デイヴィスは、1926年5月26日にアメリカ合衆国イリノイ州アルトンで生まれました。彼は、ジャズのトランペット奏者、バンドリーダー、作曲家として活躍し、ジャズと20世紀の音楽史上でもっとも影響力のある人物の一人とされています。彼の名言には、「グループを作る場合は、いろいろな人間を混ぜないと駄目だ。持ち味ってもんが違うからな。」、「明日に向かって何もしないなんて、オレには耐えられない。」などがある。

マイルス・デイヴィスってどんな人?

項目内容
本名マイルス・デューイ・デイヴィス3世
生年月日1926年5月26日
出身地アメリカ合衆国イリノイ州アルトン
職業ジャズミュージシャン、トランペット奏者、バンドリーダー、作曲家
活動期間1944年 – 1991年
マイルス・デイヴィスの略歴

マイルス・デイヴィスは、1926年5月26日にアメリカ合衆国イリノイ州アルトンで生まれました。彼は、ジャズのトランペット奏者、バンドリーダー、作曲家として活躍し、ジャズと20世紀の音楽史上でもっとも影響力のある人物の一人とされています。彼は、東セントルイスで育ちましたが、ニューヨーク市のジュリアード音楽院で学ぶために出発しました。しかし、彼は多くの授業を欠席し、代わりにディジー・ガレスピーやチャーリー・パーカーなどの巨匠たちとのジャムセッションを通じて学びました。1944年から1948年まで、デイヴィスはパーカーのビバップ・クインテットのメンバーとしてプロデビューし、その後しばしば一緒にレコーディングを行いました。彼は1950年代初頭にプレステージ・レコードでいくつかの初期のハード・バップ音楽を録音しましたが、ヘロイン中毒のために不規則に行っていました。ニューポート・ジャズ・フェスティバルで広く称賛されたカムバック・パフォーマンスの後、彼はコロムビア・レコードと長期契約を結び、1955年にアルバム「’Round About Midnight」を録音しました。これは彼がサックス奏者ジョン・コルトレーンやベーシストポール・チェンバースと初めて共演した作品であり、彼が1960年代初頭まで率いるセクステットの主要メンバーでした。この期間中、彼はギル・エヴァンズとのオーケストラ・ジャズ協力(1960年にスペイン音楽に影響を受けた「Sketches of Spain」など)とバンド録音(1958年の「Milestones」と1959年の「Kind of Blue」など)を交互に行いました。後者は今でも最も人気のあるジャズアルバムの一つであり、米国だけでも500万枚以上売れています。

マイルス・デイヴィスの名盤

マイルス・デイヴィスはジャズ史上、最も影響力のあるミュージシャンの一人であり、彼のキャリアを通じて多くの名盤を残しました。ここでは、彼の代表的なアルバムをいくつかピックアップし、それぞれの特徴や背景について詳しく見ていきます。

1. 「Kind of Blue」(1959年)

ジャズ史上最も売れたアルバムの一つであり、多くのミュージシャンに影響を与えたマイルスの代表作です。「Kind of Blue」はモーダル・ジャズの傑作として知られ、従来のハーモニーに依存するジャズから一歩踏み出し、スケール(音階)を基盤に即興演奏を行うことで、音楽の新たな地平を開きました。ジョン・コルトレーンやビル・エヴァンスなど、当時を代表するミュージシャンたちが参加し、その洗練されたサウンドと革新性は今も多くの音楽ファンを魅了し続けています。

2. 「Bitches Brew」(1970年)

ジャズ、ロック、ファンクの要素を融合したこのアルバムは、ジャズ・ロック(フュージョン)ジャンルの先駆けとなりました。「Bitches Brew」は複雑なリズムと電子音楽の実験的な試みが特徴で、ジャズの枠を大きく広げる革命的な作品となりました。このアルバムにより、マイルスはジャズの新たな可能性を示し、後の多くのミュージシャンに影響を与えました。

3. 「In a Silent Way」(1969年)

「In a Silent Way」は、マイルスが電子楽器を本格的に取り入れた最初のアルバムで、ジャズ・フュージョンの草分け的存在です。このアルバムは、瞑想的で空間的なサウンドスケープを特徴とし、ジャズの新しい方向性を示しました。ハービー・ハンコックやジョー・ザヴィヌル、ウェイン・ショーターといった後にフュージョン・シーンで中心的な役割を果たすミュージシャンが参加しています。

4. 「Sketches of Spain」(1960年)

このアルバムは、マイルス・デイヴィスとアレンジャーのギル・エヴァンスがスペイン音楽にインスピレーションを受けて制作した作品です。「Sketches of Spain」はジャズとクラシック音楽、スペイン音楽が融合したユニークなアルバムで、特に「コンチェルト・デ・アランフェス」のアレンジは有名です。このアルバムはジャズの枠組みを超えた音楽性で高い評価を受けています。

5. 「Miles Ahead」(1957年)

こちらもギル・エヴァンスとのコラボレーションによるアルバムで、ビッグバンドをバックにしたマイルスのフリューゲルホルンが印象的な作品です。「Miles Ahead」はジャズとオーケストラの融合を試みた先駆的なアルバムであり、ジャズの新しい地平を開拓しました。

マイルス・デイヴィスの名言集(1)

名言1

グループを作る場合は、いろいろな人間を混ぜないと駄目だ。
持ち味ってもんが違うからな。

名言2

明日に向かって何もしないなんて、オレには耐えられない。

名言3

その時に起こりつつあることに対して、オープンじゃないといけない。

名言4

自分らしさを表現するには時間がかかることもある。

名言5

知識は束縛からの解放であり、無知は奴隷だ。

名言6

伝説というのは、過去の業績にしがみついている老人のことだろ。
オレは今でも現役だ。

名言7

まずは教えてやることだ。
今度は、それが自分に返ってくる。

名言8

オレの未来は、毎朝起きた時にはじまる。

名言9

オレみたいに何か新しいことをやろうとする人間は、無視されるリスクをいつも背負っているんだ。

名言10

音楽は何より雄弁に物語っている。
言葉や説明はいらない。
そんなもので補足しなけりゃいけない音楽なんてオレには意味がない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました