福沢諭吉の名言34選!教育者、思想家としての影響や学問のすすめの内容について解説

福沢諭吉の名言ブログのアイキャッチ画像 偉人名言集
福沢諭吉の肖像画

福沢諭吉は、1835年1月10日に大阪の豊前国中津藩の蔵屋敷で生まれました。彼は啓蒙思想家、教育家であり、慶應義塾の創設者でした。彼は1901年2月3日に亡くなりました。彼は「天は人の上に人を造らず」という名言で知られています。

福沢諭吉って何をした?

項目内容
生年月日1835年1月10日
死亡日1901年2月3日
職業啓蒙思想家、教育家
主な功績慶應義塾の創設
福沢諭吉の略歴

福沢諭吉は、1835年1月10日に大阪の豊前国中津藩の蔵屋敷で生まれました。彼の父親は彼が1歳の時に亡くなり、彼は母親と5人の子供たちと一緒に大分県中津へ戻りました。彼は5歳の頃から漢学と一刀流の手解きを受け、14〜15歳の頃から本格的に学問を学び始めました。彼は19歳で長崎へ遊学し、蘭学を学びました。その後、江戸で小さな蘭学の私塾を創設し、これが後の慶應義塾となりました。1860年には咸臨丸で渡米し、1867年までフランス、イギリスをはじめとするヨーロッパ諸国とアメリカを行き来しました。1861年には妻の福沢錦と結婚し、生涯で4男5女をもうけました。福沢諭吉は1872年に「学問のすすめ」を執筆・刊行し、ベストセラーになりました。彼はその後も一橋大学、伝染病研究所、神戸商業高校などの創設に関与しました。1882年には日刊新聞「時事新報」を発刊し、1886年には婦人論を執筆し、その中で男女平等を訴えました。1901年2月3日、一週間前に再発した脳溢血により状態が回復せず、そのまま帰らぬ人となりました。

教育者としての業績

  • 慶應義塾の創設: 福沢諭吉は、日本における近代教育の先駆者の一人として、1858年に慶應義塾(現在の慶應義塾大学の前身)を設立しました。この学校は、西洋の学問を積極的に取り入れ、日本の近代化に貢献する人材を多数輩出しました。

思想家としての業績

  • 「脱亜入欧」: 福沢諭吉は、「脱亜入欧」というスローガンを提唱しました。これは、アジアの伝統的な束縛から脱却し、西洋の先進的な価値観や科学技術を取り入れることで、日本の国際的な地位を向上させるべきだとする考え方です。
  • 「学問のすゝめ」: その思想は、特に「学問のすゝめ」(1872-1876)によく表れています。この著作では、個人の自立と自己啓発を強調し、教育を通じて社会的な地位や生まれに関わらず、すべての人が向上することができると主張しました。

「学問のすすめ」の内容

『学問のすゝめ』は、福沢諭吉が書いた啓蒙書であり、日本の近代化と明治維新における重要な文献とされています。この作品を通じて、福沢諭吉は教育と学問の力を強調し、日本人の自立心を育むことを目指しました。彼の主張は、人間が自分の力で立ち上がり、自分の運命を自分で決定することの重要性に焦点を当てています。福沢は、教育を受けることが人生を豊かにする最も重要な手段であると説き、学問が人々を無知から解放し、自由で独立した精神を育む唯一の手段であると考えました。また、福沢諭吉は西洋の科学技術と思想の積極的な導入を提唱しました。さらに、福沢は平等と人権の尊重を訴え、すべての人が教育を受ける権利を持つと主張しました。会の地位や生まれにかかわらず、すべての人が学問を通じて自己向上できるべきだとする彼の考えは、個人の尊厳と自由を重視する近代的な思想を反映しています。この考えが、「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」という表現に繋がっていきます。

社会改革者としての業績

  • 明治維新への貢献: 福沢諭吉は、明治維新の精神的支柱の一人として、日本の近代化と西洋化を積極的に支持しました。彼の提唱した西洋の政治思想や経済学は、日本の新しい社会システム構築に大きな影響を与えました。
  • 新聞事業の開拓: 福沢は、情報の自由な流通と公共の議論の場として、新聞事業にも力を入れました。彼が創刊した「時事新報」は、社会問題に対する批判的な視点を提供し、公共の議論を促進する役割を果たしました。

福沢諭吉の名言集(1)

名言1

一度、学問に入らば、大いに学問すべし。
農たらば大農となれ、商たらば大商となれ。

名言2

学問の本趣意は、読書に非ず、精神の働きに在り。

名言3

賢人と愚人との別は、学ぶと学ばざるとによって出来るものなり。

名言4

進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む。

名言5

独立の気力なき者は必ず人に依頼す、人に依頼する者は必ず人を恐る、人を恐るる者は必ず人にへつらうものなり。

名言6

行為する者にとって、行為せざる者は最も過酷な批判者である。

名言7

空想はすなわち実行の原案

名言8

人は、生まれながらに、貴賤貧富の別なし。
ただ、良く学ぶ者は、貴人となり、富人となり、そして、無学なる者は、貧人となり、下人となる。

名言9

未だ試みずして、先ず疑うものは、勇者ではない。

名言10

信の世界に偽詐多く、疑の世界に真理多し。

コメント

タイトルとURLをコピーしました