ジョン・ロック 心を動かす名言集 – Page 1

ジョン・ロック 名言ブログのキャッチコピー ジョン・ロック

ジョン・ロック

皆さん、こんにちは!今日は特別な旅にお連れします。その旅の目的地は、イギリスの哲学者であり、「自由主義の父」とも称されるジョン・ロックの心の中です。彼の名言を通じて、彼の深遠な洞察と鋭い観察力を探求しましょう。

ロックは、人間の自由と知識について深く掘り下げた思想家であり、その業績は今日でも多くの人々に影響を与えています。このブログでは、彼の名言を通じて彼の思想を探求し、それがどのように私たちの日常生活に影響を与えるかを見ていきます。
彼の名言には、「世界に対する唯一の防御は、それについての十分な知識だ。」、「言われるままに信じるだけの知識は、ただの切れ端に過ぎない。切れ端としては立派でも、それを集める人の知識の蓄えを少しも増しはしない。」などがあります。

さあ、この興味深く、啓発的な旅に一緒に出かけましょう。ロックの知恵が皆さんの心に新たな視点をもたらすことでしょう。それでは、レッツゴー!

ジョン・ロックの人生

カテゴリ詳細
本名ジョン・ロック
生年月日1632年8月29日
出生地イギリス、サマセット州
教育オックスフォード大学クライスト・チャーチ
職歴哲学者、医師
主な著作『人間悟性論』『統治二論』
その他の業績「イギリス経験論の父」、「自由主義の父」
死去1704年10月28日

ジョン・ロックは、1632年8月29日にイギリスのサマセット州リントンで生まれました。彼の父はピューリタン革命期の議会軍の騎兵隊長でした。14歳のときにウェストミンスター校に入学し、20歳になるとオックスフォード大学クライスト・チャーチに進学し、哲学と医学を修めました。彼は「政治哲学者」とも呼ばれ、アメリカの独立宣言やフランス革命に多大な影響を与えました。彼の主な業績としては、「イギリス経験論の父」と呼ばれ、主著『人間悟性論』(『人間知性論』)において経験論的認識論を体系化したことが挙げられます。また、「自由主義の父」とも呼ばれ、政治哲学者としての側面も非常に有名であり、『統治二論』などにおける彼の政治思想は名誉革命を理論的に正当化するものとなり、その中で示された社会契約や抵抗権についての考えはアメリカ独立宣言、フランス人権宣言に大きな影響を与えました。彼は1704年10月28日に亡くなりましたが、その業績は今日でも多くの人々に影響を与えています。

ジョン・ロックの名言集(1)

名言1

世界に対する唯一の防御は、それについての十分な知識だ。

名言2

言われるままに信じるだけの知識は、ただの切れ端に過ぎない。
切れ端としては立派でも、それを集める人の知識の蓄えを少しも増しはしない。

名言3

法の終わるところ、専制がはじまる。

名言4

新しい意見は常に疑われ、たいてい反対される。
まだ一般的ではないという理由だけで。

名言5

いかなる人間の知識も、その人の経験を超えるものではない。

名言6

何故に人間が社交するかといえば、自己の財産を保持したいからである。

名言7

教師にとっては、教えるよりも命令する方が簡単だ。

名言8

ファッションの大半は、富の見せびらかしにすぎない。

名言9

収入は靴のようなものである。
小さすぎればわれわれを締めつけ、わずらわす。
大きすぎればつまずきや踏み外しの原因となるのだ。

名言10

あなたを心配させるものが、あなたを支配する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました