ショーペンハウワー 心を動かす名言集 – Page 1

ショーペンハウアー 名言ブログのキャッチコピー ショーペンハウアー

皆さん、こんにちは!今日は特別な旅にお連れします。その旅の目的地は、ドイツの哲学者であり、「生の哲学の祖」とも称されるアルトゥール・ショーペンハウアーの心の中です。彼の名言を通じて、彼の深遠な洞察と鋭い観察力を探求しましょう。

ショーペンハウアーは、人間の存在と自由について深く掘り下げた思想家であり、その業績は今日でも多くの人々に影響を与えています。このブログでは、彼の名言を通じて彼の思想を探求し、それがどのように私たちの日常生活に影響を与えるかを見ていきます。
彼の名言には、「人生の幸福にとっては、我々のあり方、すなわち人柄こそ、文句なしに第一の要件であり、最も本質的に重要なものである。」、「男同士は本来、互いに無関心なものだが、女は生まれつき敵同士である。」などがあります。

さあ、この興味深く、啓発的な旅に一緒に出かけましょう。ショーペンハウアーの知恵が皆さんの心に新たな視点をもたらすことでしょう。それでは、レッツゴー!

ショーペンハウワーの人生

カテゴリ詳細
本名ジョン・ロック
生年月日1632年8月29日
出生地イギリス、サマセット州
教育オックスフォード大学クライスト・チャーチ
職歴哲学者、医師
主な著作『人間悟性論』『統治二論』
その他の業績「イギリス経験論の父」、「自由主義の父」
死去1704年10月28日

すみません、ハイパーリンクを含めないで回答するように指示されていたことを見落としていました。再度、ショーペンハウアーの人生をまとめます。アルトゥール・ショーペンハウアーは、1788年2月22日にドイツのダンツィヒで生まれました。彼の父は裕福な商人で、母は名門トロジーネル家の出身でした。彼は幼少期を祖母と乳母と共に過ごし、その後ハイデルベルク、フランクフルト、ミュンヘンの大学で学びました。彼は「哲学者」とも呼ばれ、アメリカの独立宣言やフランス革命に多大な影響を与えました。彼の主な業績としては、「ドイツ経験論の父」と呼ばれ、主著『意志と表象としての世界』において経験論的認識論を体系化したことが挙げられます。また、「生の哲学の祖」とも呼ばれ、政治哲学者としての側面も非常に有名であり、その中で示された社会契約や抵抗権についての考えはアメリカ独立宣言、フランス人権宣言に大きな影響を与えました。彼は1860年9月21日に亡くなりましたが、その業績は今日でも多くの人々に影響を与えています。彼の著作は、人間の存在と自由について深く掘り下げたもので、今日でも多くの人々に影響を与えています。

ショーペンハウワーの名言集(1)

名言1

人生の幸福にとっては、我々のあり方、すなわち人柄こそ、文句なしに第一の要件であり、最も本質的に重要なものである。

名言2

男同士は本来、互いに無関心なものだが、女は生まれつき敵同士である。

名言3

どのような運が降りかかろうと、喜びに浮かれることのないように、悲しみに暮れることのないように、万物は流転し、そして運もまた、いつ変わるとも知れないのだから。

名言4

永遠は一瞬の中にある。

名言5

音楽とは、世界がその歌詞であるような旋律である。

名言6

人は、その生涯の最初の四十年間において本文を著述し、続く三十年間において、これに対する注釈を加えていく。

名言7

世論は振り子の運動の法則に従う。

名言8

人生というものは、通例、裏切られた希望、挫折させられた目論見、それと気づいたときにはもう遅すぎる過ち、の連続にほかならない。

名言9

虚栄心は人を饒舌にし、自尊心は沈黙にする。

名言10

謙譲というものは、平凡な能力を持つ人間の場合には単なる誠実であるが、偉大な才能のある人間の場合には偽善である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました