田中角栄の名言50選!政治的・経済的功績からロッキード事件の詳細まで解説

田中角栄の名言ブログのアイキャッチ画像 偉人名言集
田中角栄の肖像画

日本の総理大臣といえば田中角栄氏ですね。彼はその人柄や大胆な性格から日本の経済、政治を大きく変えました。そんな彼の名言には、カネというものはチマチマ使うより、ここぞというときは一気に使え。その方が、効果は何倍も大きい。政治家は発言に、言っていい事・悪い事、言っていい人・悪い人、言っていい時・悪い時、に普段から気を配らなければならない。などがあります。

田中角栄って何をした?

項目内容
生年月日1918年5月4日
出生地新潟県三島郡金沢村(現在の柏崎市)
職業政治家
内閣総理大臣就任1972年、第64代内閣総理大臣
政策「日本列島改造論」、大型公共投資政策
内閣総理大臣辞任1976年、内閣総理大臣辞任
死亡日1993年7月28日、75歳
田中角栄の略歴

田中角栄は、1918年5月4日に新潟県三島郡金沢村(現在の柏崎市)で生まれました。彼は、日本の政治家であり、第64代内閣総理大臣でした。彼は、戦後の日本政治において最も影響力のある政治家の一人とされています。彼は若い頃から政治に興味を持ち、1942年に新潟県会議員に当選しました。その後、1947年に衆議院議員に初当選し、以後通算15回当選しました。彼は自由民主党の中でも最も実力を持つ派閥「田中派」を率い、1972年に内閣総理大臣に就任しました。彼は在任中、「日本列島改造論」と呼ばれる大型公共投資政策を推進し、地方の発展に尽力しました。しかし、1974年にロッキード事件が発覚し、彼は贈収賄罪で起訴され、1976年に内閣総理大臣を辞任しました。その後も彼は政界に留まり、「影の総理」と呼ばれるほどの影響力を持ち続けました。彼は1993年7月28日に75歳で亡くなりました。

田中角栄の功績とロッキード事件

日本列島改造論や所得倍増計画、日中国交正常化やロッキード事件など日本の政治・経済に多大なる影響を与えた田中角栄の功績を見ていきましょう。

経済政策

田中角栄の在任期間中に採用された野心的な経済政策は、日本経済の高度成長を加速させ、国民の生活水準を顕著に向上させる礎を築きました。特に、「日本列島改造論」に代表される国内のインフラ整備への大規模投資は、地方の活性化と交通網の改善に注力し、短期的には建設業や関連産業の活性化をもたらしました。また、長期的には物流コストの削減や地方経済の発展に大きく寄与しました。田中は日中関係の正常化を推進することで、巨大な中国市場へのアクセスを確保し、経済的利益を享受する新たなビジネスチャンスを日本企業に提供しました。これは、日本経済の新たな成長エンジンとなり、国際関係と経済の相互作用の重要性を示す好例です。「所得倍増計画」の目標設定は、経済成長を通じて国民の生活水準を向上させるという田中の強い意志を反映しています。この計画によって生み出された国内消費の拡大、企業の利益増大、そして雇用機会の創出は、日本が高度成長期を迎える基盤を作り出しました。しかし、この政策は地方における過剰なインフラ整備や、後にバブル経済の崩壊へとつながる一因となるなど、複雑な結果をもたらしました。結局のところ、田中角栄の経済政策は、その革新性と野心によって日本経済を大きく変えたものの、その影響は複雑で、後年の日本経済における課題にも繋がっていることが見て取れます。

外交政策

田中角栄の政治生涯において、国際関係に対する彼の貢献は極めて顕著です。田中のもっとも顕著な成果の一つは、日中関係の正常化であり、これは1972年の歴史的な中国訪問によって達成されました。この訪問は、第二次世界大戦後の長年にわたる緊張と隔たりを乗り越え、両国間の友好的な関係を再建する道を開きました。さらに、この外交的な突破口は、経済的な利益にも直結しました。両国間の貿易関係の強化は、日本企業に新たな市場を提供し、経済成長の新たな機会を生み出しました。また、文化交流の促進により、日中両国民の相互理解と友好関係の発展に寄与しました。田中角栄の外交政策は、その時代における国際関係における日本の立場を再定義するものであり、日本が世界の舞台でより積極的な役割を果たすきっかけとなりました。

ロッキード事件とその影響

1970年代半ばに発生したロッキード事件は、日本の政治と産業界に大きな衝撃を与える汚職スキャンダルとして、歴史にその名を刻みました。この事件は、アメリカ合衆国の航空機製造会社ロッキード社が、日本の政治家や官僚、航空会社幹部に賄賂を支払い、自社の航空機の販売を有利に進めようとしたものです。田中角栄はこの事件の中心人物として取り沙汰され、ロッキード社から賄賂を受け取って全日本空輸に同社の航空機を購入させたとされ、1976年に逮捕されました。ロッキード事件の発覚後、田中は総理大臣を既に辞任していたものの、この事件によって彼の政治的影響力は更に衰退しました。裁判で有罪判決を受けたものの、健康上の理由で実刑に服することはなく、政界には一定の影響力を保持していたものの、このスキャンダルは彼の政治生命の終わりを意味し、以降公の場に姿を現すことはほとんどなくなりました。

田中角栄の名言集(1)

名言1

政治とは自分たちがメシが食えない、子供を大学にやれない状態から抜け出すことを先決に考えねばならん。
理想よりも現実だ。政治とは生活だ。

名言2

君達ね、自分の置かれている立場を有り難てェことだと思わんとダメですよ。
寝言を言ったり不満ばかり言っている奴は、人生終わるまで不満を抱き続ける人間になるぞ。
社会が悪い、政治が悪いなんて言って、一体何があるんだ。
人に貢献できるようになってから言うべきじゃ。

名言3

人間は自分より美男子でない、頭の悪いのが可愛いということです。

名言4

権力の中枢は空洞だ。

名言5

評論家は政治家の悪口を言うのが商売。
政治家は評論家に悪口を言われるのが商売。

名言6

世の中には、会って話をし、付き合えば、その人間がよくわかるのに、知らないまま食わず嫌い、毛嫌いしている場合が多い。
互いに自戒すべきことだよ。

名言7

赤坂、柳橋、新橋でも、料亭の女将で店を大きくするのはどんな奴かわかるか。
仲居上がり、女中頭上がりだ。
芸者や板場を立てて、見事に大きくする。
ダメなのは芸者上がり。

名言8

政治家にはオール・オア・ナッシングというのはない。
まず最善手を指し、次善、三善の策を考えることだ。

名言9

カネというものはチマチマ使うより、ここぞというときは一気に使え。
その方が、効果は何倍も大きい。

名言10

政治家は発言に、言っていい事・悪い事、言っていい人・悪い人、言っていい時・悪い時、に普段から気を配らなければならない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました