モーツアルトの名言26選!伝説やその性格、交響曲についても解説

モーツアルトの名言ブログのアイキャッチ画像 モーツアルト
モーツアルトの肖像画

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、1756年1月27日にオーストリアのザルツブルクで生まれました。彼は、主に現在のオーストリアを活動拠点とした音楽家で、ハイドンやベートーヴェンと同じく古典派音楽・ウィーン古典派を代表する存在でした。彼の名言には、「新しい喜びは、新しい苦痛をもたらす。」、「死が真の幸福への扉を開くカギであると学ぶ機会を与えてくださった神に感謝いたします。」などがあります。

モーツアルトの性格や伝説

項目内容
本名ヨハンネス・クリュソストムス・ウォルフガングス・テオフィルス・モザルト
生年月日1756年1月27日
出身地オーストリア、ザルツブルク
ジャンル古典派音楽、ウィーン古典派
職業音楽家
活動期間1761年 – 1791年
モーツアルトの略歴

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、1756年1月27日にオーストリアのザルツブルクで生まれました。彼は、主に現在のオーストリアを活動拠点とした音楽家で、ハイドンやベートーヴェンと同じく古典派音楽・ウィーン古典派を代表する存在でした。彼の洗礼名はヨハンネス・クリュソストムス・ウォルフガングス・テオフィルス・モザルトでした。彼は幼少期から天才的な音楽の才能から「神童」と呼ばれました。3歳の時からチェンバロを弾き始め、5歳にして初の作曲をしています(アンダンテハ長調K.1a)。父レオポルトは早くからモーツァルトの才能を見抜き、幼少期から音楽教育に力を入れています。息子を共にザルツブルク大司教に仕えさせる傍ら、息子をウィーン・パリ・イタリア・ロンドン等に連れて行っています。そうすることで息子の「神童」ぶりを宣伝し、より良い就職先を探してあげようとしたのですが、どこの宮廷でもモーツァルトの変わった性格の為かことごとく就職活動に失敗しています。25歳で職を辞し以後今でいう「フリーランス」の働き方で収入を得ていたのです。一説には宮廷勤めだと、王侯貴族の好みに作品を作らないといけなかったため、自分の作りたい作品を作りたいというのが動機であったといわれています。こうした働き方はモーツァルトが先駆けで、その後に続くベートーヴェンによって「自分の作りたい音楽を自由に作る」というスタンスが出来上がっていったといいます。彼は1791年12月5日にウィーンで35年という短い生涯を終えました。

モーツアルトの性格

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、その音楽的天才によって歴史に名を刻んだものの、彼の性格が原因で就職に苦労するエピソードも多くありました。彼の強い自立心と野心は、伝統的な宮廷音楽家の枠に収まらず、音楽的な自由を追求し続けたため、特定のパトロンや宮廷に長期間仕えることが難しかったのです。また、彼の率直な性格は、上流階級や雇用主との間で衝突を招き、特にザルツブルク宮廷での職を辞する直接的な原因となりました。モーツァルトは財政管理にも苦労し、安定した収入が必要であったにも関わらず、しばしば金銭的困難に直面しました。このことは、彼に安定した職の重要性を認識させましたが、彼の自由な精神と生活様式はしばしばそれを妨げました。さらに、モーツァルトの音楽は非常に独創的で革新的であり、新しいアイデアを追求する彼の姿勢は、保守的な音楽界との間で創造的な衝突を引き起こすこともありました。

モーツアルトの伝説

幼少期から神童と呼ばれたモーツアルトのエピソードをまとめます。

  • 天才少年:モーツァルトは幼少期から驚異的な音楽的才能を示し、わずか5歳で作曲を始め、6歳からヨーロッパ各地を巡る演奏旅行に出ました。その驚くべき技能は、各地の王侯貴族や音楽家たちを驚嘆させました。
  • 絶対音感:彼は絶対音感を持っており、一度聞いただけで曲を完璧に記憶することができたとされています。最も有名な例は、ローマを訪れた際に、厳重に演奏が制限されていた「ミゼレーレ」を聞き、それを記憶して書き写したという話です。
  • 未完成のレクイエム:モーツァルトは生涯の終わりに、自身の死を予感しながらレクイエムを作曲していたとされます。未完成のまま彼は亡くなり、その謎めいた依頼人と作品の完成の経緯は多くの憶測を呼んでいます。

モーツアルトの交響曲

モーツァルトは、古典派音楽を代表する作曲家の一人であり、彼の作品はその洗練された美しさと音楽的深みで知られています。彼が生涯に残した交響曲は41曲に及び、これらの作品は今日でも世界中のコンサートホールで頻繁に演奏され、高く評価されています。ここでは、モーツァルトの交響曲の中から特に有名なものをいくつか紹介します。

交響曲第25番 ト短調 K.183

若きモーツァルトが作曲したこの作品は、彼の初期の傑作の一つです。ドラマティックでエネルギッシュな音楽は、後のロマン派音楽を予感させるほど情熱的です。特に第1楽章は、その緊迫感から「小ト短調交響曲」とも称され、映画『アマデウス』で使用されたことでも知られています。

交響曲第29番 イ長調 K.201

モーツァルトの交響曲の中でも特に美しい旋律を持つ作品の一つです。この作品は、モーツァルトの成熟した音楽的表現が現れ始めた時期のもので、清潔感のある旋律と優雅なスタイルが魅力です。

交響曲第40番 ト短調 K.550

モーツァルトの交響曲の中でも特に人気が高く、最も頻繁に演奏される作品の一つです。ト短調を基調としたこの作品は、情熱的かつメランコリックなムードを持ち、彼の後期のスタイルを代表する交響曲です。特に冒頭の旋律は、多くの人に親しまれています。

交響曲第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」

モーツァルトの交響曲の中で最後に作曲されたこの作品は、「ジュピター」という愛称で知られています。その名の通り、神々しい雰囲気と壮大なスケールを持ち、モーツァルトの交響曲の中でも特に完成度の高い作品とされています。最終楽章では、複雑な対位法が見事に展開され、モーツァルトの音楽的才能が存分に発揮されています。

モーツアルトの名言集(1)

名言1

新しい喜びは、新しい苦痛をもたらす。

名言2

死が真の幸福への扉を開くカギであると学ぶ機会を与えてくださった神に感謝いたします。

名言3

相手の振る舞いに合わせて、わたしも彼らに接している。
わたしを見下し、小ばかにする人がいれば、わたしは得意満面に振る舞うだろう。

名言4

もし、自分が今までにからかった人間と結婚せざるを得ないなら、少なくとも200人の妻がいるはずだ。

名言5

多くのことをなす近道は、一度にひとつのことだけをすることだ。

名言6

わずかの違いを大切に。

名言7

旅をしない音楽家は不幸だ。

名言8

音楽は決して耳ざわりであってはならない。
むしろ耳を満足させ楽しみを与える、つまり常に「音楽」でなくてはならない。

名言9

自分の値打ちを下げてはいけない。
それが特に大切なポイントだ。
さもないと君は終わりだ。
もっとも生意気な人間に絶好のチャンスがある。

名言10

金持ちは友情というものをまったく知らない。
とくに生まれたときからの金持ちは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました