ブルース・リーの名言30選!ジャッキー・チェーンとの比較や出演作品についても解説

ブルース・リーの名言ブログのアイキャッチ画像 ブルース・リー
ブルース・リーの肖像画

ブルース・リーは、1940年11月27日にアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコで生まれました。彼は、香港とアメリカ合衆国で活躍した香港系アメリカ人の武道家で俳優です。彼は、異なる戦闘技術から引用した混合武道哲学である截拳道の創始者であり、現代の総合格闘技(MMA)の道を開いたとしばしば称されます。彼の名言には、「物事をあるがままに受けとめよ。パンチが必要となれば殴り、キックが必要ならば蹴るんだ。」、「知識は力を与え、人格は尊敬をもたらす。」などがあります。

ブルース・リーってどんな人?

項目内容
本名李振藩(リー・ジュンファン)
生年月日1940年11月27日
出身地アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ
職業武道家、俳優
活動期間1959年 – 1973年
ブルーズ・リーの略歴

ブルース・リーは、1940年11月27日にアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコで生まれました。彼は、香港とアメリカ合衆国で活躍した香港系アメリカ人の武道家で俳優です。彼は、異なる戦闘技術から引用した混合武道哲学である截拳道の創始者であり、現代の総合格闘技(MMA)の道を開いたとしばしば称されます。彼は、批評家、メディア、他の武道家によって、史上最も影響力のある武道家であり、東西を橋渡しする20世紀のポップカルチャーアイコンとされています。彼は、香港アクション映画を促進し、中国人がアメリカ映画で提示される方法を変えることに貢献しました。彼はサンフランシスコで生まれましたが、香港で育ちました。彼は父親によって子役として香港映画業界に紹介されました。しかし、これらは武道映画ではありませんでした。彼の初期の武道経験には、葉問の下で訓練した詠春拳、太極拳、ボクシング(香港ボクシングトーナメント優勝)、そして明らかに頻繁なストリートファイト(近所や屋上の戦い)が含まれていました。1959年に彼はシアトルに移りました。1961年に彼はワシントン大学に入学しました。

ジャッキー・チェーンとの比較

ブルース・リーとジャッキー・チェーンは、アクション映画界の巨星でありながら、彼らのスタイルと哲学には顕著な違いがあります。ブルース・リーは、深い武術哲学を持ち、自ら創設した「截拳道」を通じて、武術を人生哲学として捉えることで知られています。彼の映画では、リアルで精確な格闘技のテクニックが特徴で、武道家としてのカリスマ性とリアリズムを重視したアクションで、アクション映画の新たな標準を確立しました。一方で、ジャッキー・チェーンは北京歌舞団で学んだアクロバットと武術を基に、ユーモアと自己軽視の精神を前面に押し出したエンターテインメント性の高いアクションを展開。身近な物を使った即興的な戦闘シーンや、自らの身体を張った危険なスタントで観客を魅了し、アクション映画におけるエンターテインメントの可能性を広げました。ブルース・リーが東洋の武術を世界に広め、アクション映画に革命をもたらしたのに対し、ジャッキー・チェーンはアクションとコメディの融合によって、新たなエンターテインメントの地平を開きました。

ブルー・スリーの映画一覧

ブルース・リーは、20世紀を代表する武道家であり、映画俳優です。彼は東洋の武術を世界に広め、アクション映画のジャンルに革新をもたらしました。ブルース・リーが主演した映画は、彼の死後も変わらず多くのファンに愛され続けています。ここでは、彼が出演した主な映画を紹介します。

1. 『ドラゴン危機一髪』(1971)

ドラゴン危機一髪の画像

ブルース・リーの初主演映画で、彼を一躍スターダムに押し上げた作品です。タイのアイス工場で働く労働者が、実は麻薬組織の隠れ蓑であることを知り、不正を暴くために戦う物語。この映画でのリーのアクションは、後の映画に大きな影響を与えました。

2. 『ドラゴン怒りの鉄拳』(1972)

ドラゴン怒りの鉄拳の画像

上海を舞台に、日本の武道館に挑む青年の物語を描いています。民族主義的なテーマと、ブルース・リー独自の武術哲学が反映された作品で、圧倒的なアクションシーンが際立っています。

3. 『燃えよドラゴン』(Enter the Dragon, 1973)

燃えよドラゴンの画像

ブルース・リーの代表作であり、彼の遺作となった映画です。国際的な武道大会をカバーする裏で、犯罪組織の摘発に挑む秘密エージェントの活躍を描いています。洗練されたアクションとドラマが見事に融合した、武道映画の金字塔とも言える作品です。

ブルース・リーの名言集(1)

名言1

物事をあるがままに受けとめよ。
パンチが必要となれば殴り、キックが必要ならば蹴るんだ。

名言2

知識は力を与え、人格は尊敬をもたらす。

名言3

人は、自分が考えた通りの人間になっていく。

名言4

わたしは一万種の蹴りを一度だけ練習した男は怖くないが、一つの蹴りを一万回練習した男は恐ろしい。

名言5

日々何かを増やすのではなく、日々何かを減らすのだ。
重要でないものを切り落とせ。

名言6

何かを得るには、心の中でそれを思うことから始まる。

名言7

自慢したり見せびらかすのは、栄光をはき違えた愚か者の考えだ。

名言8

失敗は、それを認める勇気さえあれば、いつでも許されるものだ。

名言9

幸せであれ。
しかし決して満足するな。

名言10

常に自分らしくし、自分を表現し、自分を信じろ。
どこかの成功者のお手本なんてマネするな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました