ウディ・アレンの名言25選!ミッドナイトインパリでの名台詞や彼の凄さも紹介!

ウディ・アレン
ウディ・アレンの肖像画

ウディ・アレンは、映画監督、俳優、脚本家、小説家、クラリネット奏者として活躍しています。彼はアカデミー賞に史上最多の24回ノミネートされ、監督賞を1度、脚本賞を3度受賞しています。彼の作品には『アニー・ホール』(1977年)、『マンハッタン』(1979年)、『ハンナとその姉妹』(1986年)、『ミッドナイト・イン・パリ』(2011年)などがあります。彼の名言には、「僕は現実が嫌いだ。でもおいしいステーキを食べるのにこれ以上の場所はない。」「神様は何かわかりやすい啓示をくれるべきだよ!たとえば、スイス銀行に僕名義でお金を振り込んでくれるとかさ。」

ウディ・アレンの略歴

項目内容
生年月日1935年12月1日
出身地アメリカ合衆国ニューヨーク州
職業映画監督、俳優、脚本家、小説家、クラリネット奏者
主な活動『アニー・ホール』、『マンハッタン』、『ハンナとその姉妹』、『ミッドナイト・イン・パリ』
ウディ・アレンの略歴

ウディ・アレン(本名:アラン・スチュアート・コニグズバーグ)は、1935年12月1日にニューヨーク州・ニューヨークのブロンクス区で生まれました。彼は映画監督、俳優、脚本家、小説家、クラリネット奏者として知られています。彼の人生は多岐にわたります。彼は17歳頃からギャグ・ライターとして活動を開始し、その後映画業界へと進出しました。彼の作品は独自のスタイルを持っており、そのスタイルは彼の映画における距離感を特徴づけています。彼の映画は、人間の愚かさや人間関係の複雑さを描き出すことで知られています。また、彼はクラリネット奏者としても知られており、テレビショーやミュージック・フェスティバルで演奏することもあります。彼の人生観については、「人生は悲劇だよ」と語っています。「つまり僕らは、それを何とか笑えるように最善を尽くしているということなんだ。なぜなら、それ以外の方法がないから。いつも落ち込んで、悲しんでばかりいたくはないから、いつだって明るい方を見ようと、笑いを見いだそうとする。だけど僕は、人生は笑えるものだとは思っていないんだ。人生というのは、ものすごくシリアスで、ものすごく悲しいものだと思っている」と述べています。彼はアカデミー賞に史上最多の24回ノミネートされ、監督賞を1度、脚本賞を3度受賞しています。

ウディ・アレンの作品の凄さ

ウディ・アレンのアカデミー賞を受賞したミッドナイトインパリの様子

アカデミー賞を4回受賞し、ノミネートは24回とその輝かしい受賞歴を誇るウディ・アレン。彼の作品が人気となった理由は、彼の独特のユーモラスで知的なセンスと、深い人間ドラマの描写にあります。彼の作品は、ウィットに富んだ会話や自虐的なユーモアが特徴的で、それでいて根底にはしっかりとした人間ドラマが描かれています。また、彼の作品は旬のキャスト陣、おしゃれなロケーション、ユーモラスでロマンティックなストーリーなど、軽やかな展開の中でもしっかりと描かれる人生訓や現実の厳しさを教えてくれるところも魅力とされています。例えば、彼の出世作である『アニー・ホール』は、ニューヨークに生きる男女の出会いと別れをコミカルに描きつつ、深い人間ドラマを描いています。また、『ミッドナイト・イン・パリ』では、パリの美しい映像表現とともに、主人公が過去と現在を行き来するストーリーが幻想的に描かれています。

アカデミー賞とは?

アカデミー賞は、映画業界における最も権威ある賞とされています。これを例えるなら、それはスポーツの世界で言うところの「オリンピックの金メダル」や、科学の世界で言うところの「ノーベル賞」に相当します。つまり、それぞれの分野で最も優れた業績を上げた人々に与えられる、最高の栄誉と言えます。アカデミー賞は、映画の各部門で最も優れた作品や人物を選出し、その業績を称えるためのものです。そのため、アカデミー賞を受賞することは、映画業界で最も成功したと認められることを意味します。ウディ・アレンがアカデミー賞に24回もノミネートされ、4回も受賞しているという事実は、彼が映画業界で非常に高い評価を受けていることを示しています。

ミッドナイト・イン・パリのあらすじと名台詞

ミッドナイト・イン・パリの解説画像

映画『ミッドナイト・イン・パリ』には、多くの名台詞がありますが、特に印象的なものの一つは、「“現在”って不満なものなんだ それが人生だから」という台詞です。この台詞は、主人公ギル(オーウェン・ウィルソン)が、過去への憧れと現在の現実との間で葛藤しながらも、自分自身の人生を見つめ直す過程で語られます。ギルは、1920年代のパリに憧れ、その時代へタイムスリップする体験を通じて、「創造的なことをなし遂げるために必要なことは何か?」を学びます。しかし、彼が憧れていた1920年代のパリに実際に行くと、そこでも人々がさらに過去の時代、1890年代を憧れていることに気づきます。これにより、ギルは過去への憧れが現在の不満からくる幻想であることを理解します。そして、この台詞は、ギルがその認識を得て、現在のパリで生きることを選び、婚約者とも別れる決断をした瞬間に語られます。この台詞は、過去への憧れと現在の現実との間で揺れ動くギルの内面的な変化と成長を象徴しています。

ウディ・アレンの女性関係

ウディ・アレンとスン・イー・プレヴィンの関係画像

ウディ・アレンとスン・イー・プレヴィンの関係は、非常に複雑で注目を集めています。スン・イー・プレヴィンは、女優ミア・ファローと指揮者アンドレ・プレヴィンの養女で、ウディ・アレンとは1997年に結婚しました。彼女とウディ・アレンの関係が男女のものとなったのは、スン・イーが21歳、ウディ・アレンが56歳の時でした。この関係は、ウディ・アレンが当時交際していたミア・ファローの養女であるスン・イーとの関係が明らかになった1992年から、国際的な注目を浴びることとなりました。特に、ウディ・アレンとミア・ファローとの間には、養女ディラン・ファローさんへの性的虐待疑惑も持ち上がっていました。ウディ・アレンは、スン・イーとの関係が「搾取的なもの」に見えるであろうことは認めながらも、「決してそういうものではなかった」と主張しています。彼は、「僕は彼女よりずっと年上で、彼女は養女だったのだから。僕が年上の男として彼女を食い物にし、彼女も何らかの形で僕を利用したように見えるかもしれないが、それは違う」と述べています。

ウディ・アレンの名言集(1)

名言1

僕は現実が嫌いだ。
でもおいしいステーキを食べるのにこれ以上の場所はない。

名言2

神様は何かわかりやすい啓示をくれるべきだよ!
たとえば、スイス銀行に僕名義でお金を振り込んでくれるとかさ。

名言3

頭で理解できることに価値はない。

名言4

人生は芸術を手本にしない。
質の悪いテレビ番組を手本にするのだ。

名言5

時間とは、すべてのことが同時に起きるのを防ぐ、自然の法則である。

名言6

時々は失敗することを覚悟できないなら、チャンスもない。

名言7

人生はみじめさ、孤独、苦しみに溢れている。
そしてそれはあまりに早く終わってしまう。

名言8

恋をすることは苦しむことだ。
苦しみたくないなら、恋をしてはいけない。
でも、そうすると、恋をしていないということでまた苦しむことになる。

名言9

君にとって僕は無神論者だろう。
でも神にとって僕は誠実な反対勢力なのだ。

名言10

私はあの世なんて信じない。
だけど、着替えと、少しばかりの金は持っていくつもりさ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました