セルバンテス 心を動かす名言集 – Page 1

セルバンテス 名言ブログのキャッチコピー セルバンテス

ミゲル・デ・セルバンテス・サアベドラは、1547年頃にスペインのアルカラ・デ・エナーレスに生まれ、1616年4月22日にマドリードで亡くなりました。彼は、スペイン黄金時代を代表する作家であり、『ドン・キホーテ』の作者として知られています。この作品は、西洋文学史上最初の近代小説とされ、世界文学史上最も優れた作品の一つとされています。

彼の名言には、「音楽のあるところには真の悪は存在できない。」、「桶の水より、親切な言葉をかけるほうが、火はよく消える。」などがあります。

はるか昔の彼の言葉から、現代に生きる私たちが学ぶべきポイントを一緒に探っていきましょう。

セルバンテスの略歴

項目内容
生年月日1547年頃
出生地スペイン, アルカラ・デ・エナーレス
死亡日1616年4月22日
死亡地スペイン, マドリード
職業小説家
代表作『ドン・キホーテ』

ミゲル・デ・セルバンテス・サアベドラは、1547年頃にスペインのアルカラ・デ・エナーレスに生まれ、1616年4月22日にマドリードで亡くなりました。彼は、スペイン黄金時代を代表する作家であり、『ドン・キホーテ』の作者として知られています。この作品は、西洋文学史上最初の近代小説とされ、世界文学史上最も優れた作品の一つとされています。

彼は、若い頃にローマに渡り、枢機卿アクイャビーバの侍従として働きました。その後、スペイン軍に入隊し、レパントの海戦に参加しました。この戦いで彼は左手を負傷し、以後「左手の麻痺」と呼ばれるようになりました。1575年に帰国する途中、海賊に捕らえられ、5年間アルジェリアで捕虜生活を送りました。彼は4度脱走を試みましたが失敗し、1580年に身代金が支払われて解放されました。

帰国後、彼は文筆活動を始めましたが、当初は成功しませんでした。彼は劇作家としても活躍しましたが、同時代のロペ・デ・ベガやティルソ・デ・モリーナなどの人気劇作家たちに比べると成功しなかったようです。1605年に『ドン・キホーテ』第1部が出版されると大成功を収めましたが、彼自身は貧困の中で生活していました。1615年に第2部が出版されると再び大成功を収めましたが、彼自身は翌年に亡くなりました。

彼の人生は波乱万丈であり、その経験が彼の作品にも反映されています。『ドン・キホーテ』は今でも世界中で愛される作品であり、その影響は計り知れません。

セルバンテスの名言集(1)

名言1

音楽のあるところには真の悪は存在できない。

名言2

事実は真実の敵なり。

名言3

分別よりも愚行の方が、とかく仲間や追随者を呼び寄せるものだ。

名言4

桶の水より、親切な言葉をかけるほうが、火はよく消える。

名言5

裸で私はこの世に来た。
裸で私はこの世から出てゆかねばならぬのだ。

名言6

一番憎むべき狂気とは、あるがままの人生に、ただ折り合いをつけてしまって、あるべき姿のために戦わないことだ。

名言7

信仰の存在するところに神は存在する。

名言8

死を見ること生のごとし。

名言9

正直は最善の策である。

名言10

ペンは魂の舌である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました