鉄鋼王アンドリュー・カーネギーの名言57選!どんな人?人を動かすの内容やエピソード、心に響く名言集

アンドリュー・カーネギー

鉄鋼王のアンドリュー・カーネギーは、19世紀から20世紀初頭のアメリカを代表する実業家であり、その一方で慈善活動にも力を注いだ人物です。彼の名言には、「裕福な人はその富を浪費するよりも、社会がより豊かになるために使うべきだ。」、「お金が人間を堕落させるのではない。儲ける為だけに儲け、貯める為だけに貯めようとすることが人間を堕落させるのである。」などがあります。

アンドリュー・カーネギーってどんなひと?

アンドリュー・カーネギー

カテゴリ内容
生年月日1835年11月25日
出身地スコットランド、ダンファームリン
初期の職業手織り職人の息子
転機アメリカへの移住、鉄鋼業への参入
主な業績USスチール株式会社設立、多くの図書館や教育機関への寄付
信条「世のため人のために働いて儲ける」
死去1919年8月11日
死因気管支炎

アンドリュー・カーネギーは、スコットランドのダンファームリンで1835年に生まれ、父親が失業したため家庭は貧困に陥り、10歳で学校を退学しました。その後、一家でアメリカに移住し、12歳の時に紡績工場に就職し、週給1ドル20セントの糸巻き少年として働き始めました。彼はその後、電信配達の仕事に就き、その仕事を通じて多くの有力者と顔見知りになりました。1851年には電信オペレーターに昇進することができました。1853年、カーネギーは鉄道会社に転職し、そこでもどんどん昇進し、最終的には幹部になりました。この鉄道会社で、カーネギーはビジネスと投資について多くを学びました。これらの経験が後の成功に大いに生きてきます。彼は収入が増えるにつれ、単にお金を浪費するのではなく、それを原資として投資をしたいと考えるようになりました。彼は製鉄、鉄橋、不動産および製油といった、様々な企業に投資しました。1865年、30歳で、カーネギーは「キーストン鉄橋会社」を創業しました。鉄道会社で培ったネットワークのおかげで、自社で製造した鉄橋を使った線路敷設を請け負うことができた彼は、地域一帯に鉄橋を製造する工場を多く建設し、その後数年間で、彼のビジネスは大きく成長しました。そして、1870年代にピッツバーグでカーネギー鉄鋼会社を創業し、1890年代には同社が世界最大で最も高収益な会社となり、事業で得た富でカーネギー・ホールなどを建てている。これらの成功により、彼は「鉄鋼王」と称され、世界で最も裕福な男性の一人となりました。

自殺する理由を書き出し生き延びる!?

アンドリューカーネギーが自殺を考えたエピソードについては、彼が大富豪となった後に様々な悩みに直面し、「もうダメだ、死ぬしかない」と思い詰めたという話があります。彼が拳銃の入った引き出しを開くと、拳銃とともに便せんが入っていました。彼はふと「自殺にまで自分を追い込んでいる悩みとは、いったいいくつあるのだろうか」と思い、便せんを取り出すと思い出すままに悩みを書き出しました。「政治家から不当な圧力がかけられ、会社が存亡の危機に陥った」「親戚がトラブルを起こしてしまった」「妻から、一緒に食事をとらなければ離婚するわ、と言われた」など、70項目ほど書いたところで終わってしまいました。これらの悩みを4つに分けていきます。「明日、できること」「来週なら着手できること」「来月以降で間に合うもの」「解決できないこと」そして、解決できないことをそのままくずかごに、残りの3つを机の引き出しにしまうと、奥さんと食事にでかけました。このエピソードは、カーネギーが自身の悩みに向き合い、それを整理することで自殺を思いとどまったという教訓を含んでいます。アンドリューカーネギー自身が自殺したわけではなく、彼は1919年に83歳で気管支肺炎のために亡くなりました。この点については誤解のないようお願いいたします。

資産と図書館設立活動

アンドリューカーネギーは、イギリスで生まれ、移民としてアメリカに渡った後、鉄鋼業界の関連企業の多角経営で財をなした、史上2位とも言われる資産を保有したアメリカの富豪です。彼は「鉄鋼王」と称され、その資産は3210億ドルとも言われています。1901年に自身の鉄鋼会社をJPモルガンに4億8000万ドルで売却しました。彼はまた、多くの図書館や教育機関に対する寄付で知られており、「図書館の守護聖人」というニックネームで呼ばれるほど多くの図書館に財産を寄贈しました。また、私立大学や教育基金などを設立し、慈善家としても知られています。

デール・カーネギーとの違い

アンドリューカーネギーとデールカーネギーは、名前が似ているためによく混同されますが、全く異なる人物であり、血縁関係もありません。

  • アンドリューカーネギーは、1835年生まれの「鉄鋼王」と呼ばれた事業家で、一代で大成功を収めました。彼は貧しい家庭からスタートし、最終的にはジョン・D・ロックフェラーに次ぐ大富豪となりました。このブログでご紹介をさせていただいた通りですね。
  • デールカーネギーは、1888年生まれで、教師であり自己啓発本の著者です。彼の著書「人を動かす」「道は開ける」は、世界中で愛読されています。彼の著書では、「他者に対する自己の行動を変えることにより、他者の行動を変えることができる」という考えが、柱のひとつとなっています。

アンドリュー・カーネギーの名言集(1)

名言1

裕福な人はその富を浪費するよりも、社会がより豊かになるために使うべきだ。

名言2

お金が人間を堕落させるのではない。
儲ける為だけに儲け、貯める為だけに貯めようとすることが人間を堕落させるのである。

名言3

お金しか持たない階級ほど、哀れで不幸なものはない。

名言4

すべてを自分でやりたがり、すべてを自分の手柄にしたがる人は、偉大なリーダーにはなれない。

名言5

まだやっていないことでは名声は築けない。
実に簡単な話だ。
夢を抱き、リハーサルをしたら、あとは現実の世界に飛び込んで実行あるのみ。

名言6

自分の目標を低く設定する必要はない。
また、自分の望み以下の物で満足しなければならない理由もない。

名言7

チャンスに出会わない人間は一人もいない。
それをチャンスにできなかっただけである。

名言8

私は最初、12歳のときに紡績工場の糸巻き小僧に雇われた。
そのとき私が決心したのは、よし、世界一の糸巻き小僧になってやれ、ということだった。

名言9

一番確実な方法は、エネルギーのすべてを特定の分野に注ぎこむやり方だ。

名言10

大事業というものは厳しい誠実さの上にだけ築き上げられるもので、それ以外の何も要求しないのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました