アイザック・ニュートンってどんな人?万有引力のエピソードや功績、心に響く名言集

アイザック・ニュートン

アイザック・ニュートン

世界は三つのりんごで変わった。一つ目はアダムとイブのりんご。三つ目はAppleのiPhone。そして二つ目はニュートンが万有引力を発見するきっかけとなったりんご。そんな偉大な法則を発見した彼の業績は、物理学、数学、天文学など、多岐にわたります。彼の知識と洞察力は、その業績だけでなく、彼の名言にも表れています。ニュートンの名言は、科学的な探求心を刺激し、我々の視野を広げ、新たな視点を提供します。

彼の名言には、「太陽、惑星、彗星からなる最も美しい系は、知性と力ある存在の配慮と支配によってのみ発生しえた。」、「たとえ相手がつまらない人物であっても、額面どおりに相手をこきおろすよりは、額面以上に相手をほめるほうが安全である。賞讃は非難ほど反発されないし、少なくとも嫌がられないからだ。」などがあります。

このブログでは、アイザック・ニュートンの名言を集めてみました。これらの名言は、あなたが世界を見る新たな視点を提供し、あなた自身の探求心を刺激することでしょう。さあ、アイザック・ニュートンの深遠なる知恵に触れてみましょう。

アイザック・ニュートンってどんな人?

項目内容
生年月日1643年1月4日
出生地イングランド、リンカンシャー州、ウールズソープ=バイ=コルスターワース
没年月日1727年3月31日
死因水銀中毒(直接の死因かは不明)
主な業績ニュートン力学(古典力学)の体系化、万有引力の法則の発見、微積分法の発見
研究分野自然哲学、数学、物理学、天文学、錬金術、神学
研究機関ケンブリッジ大学、王立協会、王立造幣局

アイザック・ニュートン、その名前は科学の世界で非常によく知られています。彼の生涯は、科学的な探求と発見の連続でした。1642年12月25日、クリスマスの日にイングランドのリンカンシャーに生まれたニュートンは、幼少期から非凡な才能を示しました。しかし、彼の人生は決して順風満帆ではありませんでした。彼の父親は彼が生まれる前に亡くなり、母親は彼が3歳のときに再婚しました。ニュートンは18歳でケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジに入学し、そこで彼は自身の才能を開花させ、22歳の時に微分法を発見しました。しかし、その年にペストが流行し、彼は故郷に帰ることを余儀なくされました。その後、25歳で反射望遠鏡を製作し、45歳で国会議員になりました。そして53歳の時、イギリス政府はニュートンの助言により1ギニー金貨=銀21シリングと定めました。ニュートンは84歳で亡くなりましたが、その業績は科学界に多大な影響を与え、今日でもその名前は「近代科学の父」として称えられています。彼の人生は、困難を乗り越えて成功を収めた一例と言えるでしょう。そして何よりも、彼の人生は科学的な探求と発見への情熱が溢れていたことが伝わってきます。

「りんご」で発見!?万有引力の発見エピソード

アイザック・ニュートンが万有引力を発見したエピソードは非常に有名です。彼がこの大発見をしたのは、20代のときで、当時、ニュートンの住むイギリスではペストが流行っていたので、ニュートンは2年間ほど家に引きこもり、考えごとをしていました。そこで思いついたのが、リンゴが落ちることも惑星の動きも同時に説明できる「万有引力の法則」です。このエピソードは、リンゴが木から落ちるのを見て、ニュートンが万有引力の法則を発見したというものです。しかし、彼の真に偉大なところは、単にリンゴを落とす力を発見しただけではなく、その力を一般化し、リンゴの落ち方も、惑星や彗星の運行も同じ法則を用いて説明したことです。この業績により、古典力学が切り開かれました。古典力学は、ニュートン力学とも呼ばれるほど、ニュートンと聞けば物理学者をイメージしますが、ライプニッツとは別々に、微積分法(曲率法)を発明した数学者でもあります。この微積分法の発明が、万有引力の法則の発見へとつながりました。今日では、ロケットの軌道計算や経済の分析など、幅広い分野に応用されている微積分法です。

ニュートンの功績

アイザック・ニュートンは、17世紀のイギリスの科学者であり、物理学、数学、天文学の分野で重要な功績を残しました。彼の最も有名な功績は、落ち物の運動を説明する三つの法則を導き出したことです。また、自然界の規則性を発見し、自然現象を説明する力学的な理論を構築しました。彼の主要な業績は力学、数学、光学の3つの分野で打ち立てられ、万有引力の法則は『プリンキピア(自然哲学の数学的原理)」、光の粒子論は『光学』のなかで提唱されています。これらの業績により、ニュートンは現代の科学技術の礎を築いた人と言えます。また、ニュートンは造幣局長等に任じられ、1717年にニュートン比価および兌換率を定めました。これはナポレオン戦争による兌換停止を経た後も、1821年5月にイングランド銀行により再開されました。このように、ニュートンは科学者としてだけでなく、社会全体に影響を与える業績を残しました。

ニュートンの運動の三法則

アイザック・ニュートンが提唱した「ニュートンの運動の三法則」は、物理学での物体の扱い方を決める重要な概念です。以下にそれぞれの法則を説明します

第一法則(慣性の法則):すべての物体は、外部から力を加えられない限り、「静止している物体は静止状態を続け」、「運動している物体は等速直線運動を続ける」という法則です。これはその場に静止しつづけようとしたり、運動をしつづけようとする現象を「慣性の法則」といいます。
第二法則(運動の法則):物体に力が働くとき、物体には力と同じ向きの加速度が生じ、その加速度の大きさは力の大きさに比例し、物体の質量に反比例するという法則です。質量 m [kg] の物体に、力F [N] が加わると、力の向きに加速度a [m/s 2] が生じるという法則です。これを式で表すと、 F = ma となります。
第三法則(作用・反作用の法則):物体Aから物体Bに力を加えると、物体Aは物体Bから大きさが同じで逆向きの力(反作用)を同一作用線上で働き返すという法則です。これを「作用反作用の法則」といいます。

アイザック・ニュートンの名言集(1)

名言1

太陽、惑星、彗星からなる最も美しい系は、知性と力ある存在の配慮と支配によってのみ発生しえた。

名言2

たとえ相手がつまらない人物であっても、額面どおりに相手をこきおろすよりは、額面以上に相手をほめるほうが安全である。
賞讃は非難ほど反発されないし、少なくとも嫌がられないからだ。

名言3

私は海辺で遊んでいる少年のようである。
ときおり、普通のものよりもなめらかな小石やかわいい貝殻を見つけて夢中になっている。
真理の大海は、すべてが未発見のまま、目の前に広がっているというのに。

名言4

プラトンは私の友、アリストテレスは私の友。
しかし、最大の友は真理である。

名言5

神はすべてを数と重さと尺度から創造された。

名言6

私が遠くを見ることができたのは、巨人たちの肩に乗っていたからです。

名言7

天体の動きなら計算できるが、群集の狂気は計算できない。

名言8

我、仮説を作らず。

名言9

自分を相手より利口に見せても愚かに見せても、得る所はない。

名言10

今日なし得ることに全力をつくせ。
しからば明日は一段の進歩あらん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました