魯迅 心を動かす名言集 – Page 3

魯迅の名言集(3)

名言21

世間の人はサーベルが軍人を指揮するものだと思っている。
それが文人も指揮できることには気がついていない。

名言22

君たちは生命の力にみちあふれている。
深林に出会えば開いて平地にすることができる。
曠野(こうや)に出会えば樹木を植えることができる。
砂漠に出会えば井戸を掘ることができる。

名言23

うしろをふり向く必要はない。
あなたの前にはいくらでも道があるのだから。

名言24

偉人が化石になり、人々が彼を偉人だと称讃するときになると、彼は傀儡(かいらい)になっているのだ。
ある種の人々が偉人だとか小人物だとかいうのは、自己のために利用できる効果の濃淡について言っているのだ。

名言25

戦場に出るなら軍医になるがいい。
革命運動をやるなら後方勤務がいい。
人を殺すなら首斬り役人になるがいい。
英雄であって、しかも安全だ。

名言26

決心する限り、奮闘する限り、必ず成功する。

名言27

天才なんかあるものか。
僕は他人がコーヒーを飲んでいる時間に仕事をしただけだ。

名言28

青年時代に悲観していてはいけません。
徹底的に戦うのです。

名言29

青年時代には不満はあっても悲観してはならない。
つねに抗戦し、かつ自衛せよ。
もしいばらにして踏まねばならぬものなら、もとより踏むのもよいが、踏まずにすむものなら、みだりに踏むべきではない。

名言30

自分で盗賊だと名乗るものは用心する必要がない。
裏をかえせば善人だから。
自分で正人君子だと名乗るものは用心しなければならぬ。
裏をかえせば盗賊だから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました