升田幸三ってどんな人?天才棋士の伝説エピソードと心を動かす名言集(Page2)

升田幸三 名言とエピソードブログのアイキャッチ画像 偉人名言集

升田幸三の名言集(2)

名言11

せんじつめていえば、そのもっている欠点を長所にする。
これがプロの芸ということになるわけです。

名言12

歩は素晴らしいものだよ。
敵の陣地に行けば金になるけど相手に取られると歩に戻る。
こんな合理的ないいものはない。
これをうまく使えるやつが名人だ。

名言13

イチかバチかのやけっぱちみたいなことをやるのを、勝負師という人があるが、これは間違いです。
そういうのは勝負師とはいわない、賭博師という。

名言14

錯覚いけない、よく見るよろし。

名言15

踏まれても叩かれても、努力さえしつづけていれば、必ずいつかは実を結ぶ。

名言16

おれがにらめば、横には動けぬ銀でも横に動くのだ。

名言17

全局のことでも、また局部、局部のことでも、その一手の差を慎重に、そして最善をつくす人が、「勝ち」にゆくわけで、一手ぐらいなどといって、気楽にしとるやつが、結局は敗北につながる。

名言18

人生は将棋と同じで、読みの深い者が勝つ。

名言19

やっぱり狙いをつけた一心さ、ですね。
そういうときは、かりに失敗しても、非常にいい経験というか、つぎの知恵になります。

名言20

棋士は無くてもいい商売だ。
だからプロはファンにとって面白い将棋を指す義務がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました