マルティン・ルター 心を動かす名言集 – Page 1

こんにちは、このブログではマルティン・ルターの名言について探求します。ルターは宗教改革の中心人物として知られ、その業績はキリスト教界に大きな影響を与えました。彼の名言は、信仰、神、教会、人間性など、さまざまなテーマをカバーしています。

このブログでは、それらの名言を深く掘り下げ、ルターが私たちに伝えようとしたメッセージを理解しようとします。それぞれの投稿は、一つの名言を取り上げ、その意味と現代社会への関連性を探ります。
彼の名言には、「「今でなくても」が、「ついにとうとう」になることは実にはやい。」、「神の言葉がもはや予言しないようになるところでは、人々は野蛮になるだろう。」などがあります。

ルターの洞察によって、私たちは自己理解を深め、より意識的で充実した生活を送ることができるでしょう。あなたもこの旅に一緒に参加してみませんか?このブログはルターの思想の海への航海へとあなたを誘います。準備はいいですか?それでは一緒に出発しましょう!

マルティン・ルターの人生

項目内容
生年月日1483年11月10日
出生地ドイツ、ザクセン地方、アイスレーベン
家族背景鉱夫の次男
学歴アウグスチノ会修道士
職歴神学者、教授、作家、聖職者
主な業績『95ヶ条の論題』の掲出、宗教改革の発端
死去1546年2月18日

マルティン・ルターは1483年11月10日にドイツのザクセン地方の小村アイスレーベンで生まれました。彼は鉱夫の次男として育ち、父親は彼に法律家になることを望んでいました。しかし、彼の人生は21歳の時に大きく変わります。雷に打たれ、死にそうになった経験から、「オレは修道士になります!」と決意し、アウグスチノ会修道士となりました。その後、彼は神学者として活動を始め、1517年に『95ヶ条の論題』をヴィッテンベルクの教会に掲出しました。これがローマ・カトリック教会からの分離とプロテスタントの誕生、つまり宗教改革の発端となりました。彼はその後も神学者、教授、作家、聖職者として活動を続け、1546年2月18日に亡くなりました。彼の業績は今日でも高く評価されており、「宗教改革の中心人物」として知られています。

マルティン・ルターの名言集(1)

名言1

「今でなくても」が、「ついにとうとう」になることは実にはやい。

名言2

神の言葉がもはや予言しないようになるところでは、人々は野蛮になるだろう。

名言3

良い結婚よりも、美しく、友情があり、魅力的な関係や団体、集まりはない。

名言4

私がここで放屁をすると、ローマではそれが芳香を放つ。

名言5

喜びについて信仰が不足していることを私たちは知ることができる。
強く信仰するなら、また必ずや強く喜ぶに違いないのだから。

名言6

神はわれわれの砦である。

名言7

神の道は、後ろからだけ読むことができるヘブライ語の本のようなものだ。

名言8

神がその人を通じてある偉大な行為を望むかのように、誰でもが行動するべきである。

名言9

今日はすべきことがあまりにも多いから、一時間ほど余分に祈りの時間を取らなければならない。

名言10

嘘は雪玉のようなもので、長い間転がせば転がすほど大きくなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました