ベートーヴェンの名言48選!難聴の苦悩や性格についても解説

ベートーヴェンの名言ブログのアイキャッチ画像 ベートーヴェン
ベートーヴェンの肖像画

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンは20代後半から難聴を患い、音楽家でありながら聴力を失うという絶望感から死を選ぶほどまで苦悩しました。それでも音楽への情熱で絶望を乗り越え、作曲家として大成しました。彼は、その作品だけでなく、彼の言葉でも世界中の人々を魅了し続けています。彼の名言には、「音楽とは、男の心から炎を打ち出すものでなければならない。そして女の目から涙を引き出すものでなければならない。」や「私の青春は、今始まったのだ。」などがあります。

ベートーヴェンってどんな人?

項目情報
フルネームルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
生年月日1770年12月16日頃
出生地ドイツ、ボン
死亡日1827年3月26日
死亡地ウィーン、オーストリア
職業作曲家、ピアニスト
主な作品交響曲第5番, 交響曲第9番, ピアノソナタ第14番「月光」, ピアノソナタ第8番「悲愴」, ピアノソナタ第23番「熱情」
ベートーヴェンの略歴

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンは、1770年12月16日頃に、ドイツのボンで生まれました。彼は幼少期から音楽的な英才教育を受け、1787年にはウィーンに移住し、20代になるとピアニストとして頭角を表しました。しかし、彼は20代後半から難聴を患い、音楽家でありながら聴力を失うという絶望感から死を選ぶほどまで苦悩しました。それでも音楽への情熱で絶望を乗り越え、作曲家として大成しました。彼は40代になると全聾になったともいわれ、心身ともに疲弊した日々を送りましたが、その苦悩の中から交響曲第9番などの名作を生み出しました。彼は1827年3月26日に亡くなりました。

ベートーヴェンの性格

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの名前は、音楽史における偉大な天才として不動の地位を確立しています。しかし、彼の音楽が今日も多くの人々に愛され続けている背景には、彼の複雑な性格と、その性格が彼の作品に与えた影響があります。ベートーヴェンの性格を一言で表すならば、「情熱と孤独」です。彼の生涯と作品を通じて、この偉大な作曲家の内面を探ります。

情熱的な創作活動

ベートーヴェンは非常に情熱的な人物でした。彼の作品からは、強烈な感情が溢れ出ています。喜び、悲しみ、怒り、希望…彼の音楽は、聴く者の心を揺さぶり、強烈な感情を呼び起こします。特に、彼の晩年に書かれた作品は、聴く者に深い感動を与えることで知られています。彼の情熱は、ただ作品に表現されるだけでなく、彼の創作プロセスにおいても見られました。彼は自身の芸術的ビジョンを追求するために、しばしば徹夜で作曲を行いました。彼はこの性格を表す次のような名言を残しています。

音楽とは、男の心から炎を打ち出すものでなければならない。そして女の目から涙を引き出すものでなければならない。

ベートーヴェンの名言

孤独との闘い

ベートーヴェンの生涯は、孤独との闘いでもありました。彼は若い頃から難聴に悩まされ、最終的には完全に聴力を失いました。この聴力喪失は、彼にとって極めて大きな打撃であり、人々とのコミュニケーションが困難になるという孤独感を強める原因となりました。しかし、驚くべきことに、彼はこの困難を乗り越え、交響曲第9番を含む歴史上最も偉大な音楽作品のいくつかを創り上げました。この事実は、彼の内なる強さと、孤独を克服するための彼の不屈の精神を物語っています。

ベートーヴェンの名言集(1)

名言1

音楽とは、男の心から炎を打ち出すものでなければならない。
そして女の目から涙を引き出すものでなければならない。

名言2

神がもし、世界でもっとも不幸な人生を私に用意していたとしても、私は運命に立ち向かう。

名言3

私の青春は、今始まったのだ。

名言4

音楽は新しい創造を醸し出す葡萄酒だ。
そして私は人間のためにこの精妙な葡萄酒を搾り出し、人間を精神的に酔わすバッカスだ。

名言5

希望よ、お前は心を鉄に鍛える。

名言6

美しいものにするなら、破ることのできない規則などない。

名言7

音楽のドラマを伝えるためには演奏家は役者であるべきであり、音楽を感じ、顔と身体で感情を表現しなければならない。

名言8

墓の下にいても、あなた達の役に立てる。
これほどの嬉しいことがあるだろうか。

名言9

純粋な心だけが美味しいスープを作る。

名言10

音楽とは精神と感覚の世界を結ぶ媒介のようなものである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました