オスカー・ワイルドの名言63選!その生涯やおすすめ作品についても解説

オスカー・ワイルド 名言ブログのキャッチコピー オスカー・ワイルド

オスカー・ワイルドは、1854年10月16日に生まれ、1900年11月30日に亡くなりました。彼はアイルランドの詩人、劇作家です。彼の名言には、「経験とは、誰もが自分の過ちにつける名前のことだ」や「生きることはこの世で最も稀なことだ。ほとんどの人々は存在するだけである」などがあります。

オスカー・ワイルドってどんな人?

カテゴリー情報
本名オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド
生年月日1854年10月16日
出身地アイルランド, ダブリン
死没日1900年11月30日
活動期間1878年 – 1899年
ジャンル小説, 詩, 評論
代表作ドリアン・グレイの肖像, サロメ, 幸福な王子
オスカー・ワイルドの略歴

オスカー・ワイルドは、1856年にアイルランドのプロテスタント家庭に生まれた著名な文学者で、医師の父と詩人の母を持ちます。幼少期に女装させられた経験もある彼は、ダブリンとオックスフォードで古典語を学び、トップの成績で卒業しました。ロンドンへ移り、文学と社交界で名を馳せ、ジョン・ラスキンやウォルター・ペイターの影響を受けました。幾度かの恋愛を経てコンスタンス・ロイドと結婚し、2人の息子をもうけますが、アルフレッド・ダグラス卿との関係で社会的な非難と法的な問題に直面しました。『サロメ』などの作品で知られる彼は、1895年に名誉毀損で訴えられ、猥褻行為で投獄されます。出所後、フランスで余生を送り、1900年に梅毒による脳髄膜炎で亡くなりました。彼の作品は、美学と退廃をテーマにしたものが多く、今なお多くの人に愛されています。

おすすめ作品

オスカー・ワイルドの作品は、その独特の美学と鋭い社会批判で知られています。彼の代表作である「幸福な王子」、「ドリアン・グレイの肖像画」、「サロメ」は、それぞれ異なるテーマを扱いながらも、ワイルドの深い人間理解と芸術への情熱を反映しています。

幸福な王子

オスカー・ワイルド 幸福な王子

「幸福な王子」は、ワイルドが書いた童話集『幸福な王子と他の話』(1888年)の中の一編です。この物語は、高い台座に立つ幸福な王子の像と、冬を越すために暖かい地方へ向かう途中の一羽のつばめの友情を描いています。王子の像は、自分が生前享受していた豊かさとは裏腹に、自分の街の人々が貧しさと苦悩に苦しんでいるのを見て、心を痛めます。彼はつばめに頼んで、自身の飾り(ルビーの目や金箔の飾り)を剥がしては貧しい人々に分け与えるように頼みます。つばめは最終的に王子のもとを離れずに冬を越すことを選び、寒さのために死んでしまいます。王子の像もまた、貧しい人々への慈悲のためにすべてを失い、市議会によって溶かされる運命にあります。しかし、その心だけは純金でできていたため溶けずに残り、つばめと共に天国へ持ち上げられます。

ドリアン・グレイの肖像画

ドリアン・グレイの肖像画

「ドリアン・グレイの肖像画」は、1890年に出版されたワイルドの唯一の長編小説です。この物語は、ドリアン・グレイという若く美しい男性が、自分の肖像画が代わりに年を取り、自分の罪を映し出してくれるよう願うところから始まります。ドリアンの願いは叶い、彼自身は永遠に若さと美しさを保ち続ける一方で、彼の放蕩と道徳的な堕落はすべて肖像画に反映されていきます。最終的に、ドリアンは自らの行いと肖像画の醜悪さに耐えかねて肖像画を刺し、その結果、現実の自分が死に、肖像画はかつての美しい姿に戻ります。

サロメ

サロメ

「サロメ」は、1893年にフランス語で書かれた戯曲で、新約聖書のエピソードを基にしています。物語は、ヘロデ王の継妹であるサロメが、ヨカナーン(洗礼者ヨハネ)に対する禁断の欲望に取り憑かれる様子を描いています。ヘロデ王はサロメに何でも望むものを与えると約束しますが、サロメはヨカナーンの首を要求します。彼女の要求は叶えられ、最終的にサロメはヨカナーンの首に口づけしますが、その行為によってヘロデ王に命じられた兵士によって殺されます。「サロメ」は、サロメの強烈な欲望と、それによって引き起こされる悲劇を描いた作品で、ワイルドの芸術と美への傾倒が色濃く反映されています。

オスカー・ワイルドの名言集(1)

名言1

経験はただで手に入らないものだ。

名言2

今日、結婚した男はみな独り者みたいに、そして独り者の男はみな結婚しているみたいに暮らしている。

名言3

定義するということは限定することだ。

名言4

私は単純な楽しみごとが好きだ。
それらは複雑な人間にとって最後の避難所である。

名言5

善人はこの世で多くの害をなす。
彼らがなす最大の害は、人びとを善人と悪人に分けてしまうことだ。

名言6

悲しみの表現を身につけると、あなたにとって貴重なものとなる。
喜びの表現を身につければ、限りない喜びが味わえるというものだ。

名言7

他人に何を読むべきかを教えることは、たいてい無用であるか有害かのどちらかだ。
なぜなら文学の理解は、気質の問題であって、教える問題ではないのだから。

名言8

本当に魅力的な人間には、2種類しかない。
何もかも知り尽くしている人間か、まったく何も知らぬ人間かのどちらかである。

名言9

教育は結構なものである。
しかしいつも忘れてはならない。
知る価値のあるものは、すべて教えられないものだということを。

名言10

社会は個人に対して極刑を加える権利を持つかのように揮うが、社会は浅薄きわまりない悪徳をもっていて、己の行う事を自覚する力がない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました