ソクラテスの名言53選!「無知の知」などその思想や最後についても解説

ソクラテス 名言ブログのキャッチコピー ソクラテス

ソクラテスは紀元前470年頃、アテナイ(現在のギリシャ首都アテネ)で生まれ、紀元前399年に亡くなりました。彼は古代ギリシアの哲学者であり、釈迦・キリスト・孔子と並んで四聖として数えられることもあるほど、偉大な哲学者として知られています。彼は「無知の知」を主張し、「ソクラテス式問答法」という対話の手法や「善く生きる(アレテー)」という考え方など、さまざまな概念が今まで伝わっています。ソクラテスは多くの名言を残しており、「わたしは最小限の欲望しかもたない、したがって、わたしは神にもっとも近い。」、「子供は、生まれたその日から、厳しくしつけなければならないものだ。」などがあります。

ソクラテスってどんな人?

項目情報
生年月日紀元前470年頃
出生地アテナイ(現在のギリシャ首都アテネ)
死亡日紀元前399年
職業哲学者
主な業績「無知の知」の主張、「ソクラテス式問答法」の提唱、「善く生きる(アレテー)」という考え方
ソクラテスの詳細

ソクラテスは紀元前470年頃、アテナイ(現在のギリシャ首都アテネ)で生まれ、紀元前399年に亡くなりました。彼は古代ギリシアの哲学者であり、釈迦・キリスト・孔子と並んで四聖として数えられることもあるほど、偉大な哲学者として知られています。彼は「無知の知」を主張し、「ソクラテス式問答法」という対話の手法や「善く生きる(アレテー)」という考え方など、さまざまな概念が今まで伝わっています。ソクラテスの人生と哲学は、彼の弟子たち、特にプラトンによって書かれた対話篇を通じて知られています。彼のエピソードは、彼の思考方法、倫理観、そして彼が直面した社会的・政治的環境に深い洞察を与えます。

ソクラテスの鬼(ダイモニオン)

ソクラテスは、自身に内在する「何か」、彼が「ダイモニオン」と呼んだ声を聞くと言われています。この声は、ソクラテスが何か悪いことをする前に、警告を与えるものでした。ソクラテスはこの声に従うことで、自身の行動と判断を導かれていたと言います。

ソクラテスの裁判

399年にソクラテスは、アテネの青年を堕落させ、多神教社会において公認された神々を否定し、新たな神々を導入したとして告発されました。裁判でソクラテスは自己弁護を行い、真理を追究する彼の方法が、実際には市民の道徳的、知的向上に貢献していると主張しました。しかし、最終的に有罪とされ、死刑(毒杯を飲むこと)を宣告されました。

ソクラテスとデルフォイの神託

ソクラテスの友人であるケラポンがデルフォイの神託に「誰が最も賢い人か」と尋ねたところ、「ソクラテスが最も賢い」との回答がありました。ソクラテスはこの答えに困惑し、自分よりも賢いと思われる人々を訪ねて真意を探りました。最終的に、ソクラテスは自分が最も賢いのは、「自分が何も知らないことを知っている」という自己の無知を認識している点にあると結論づけました。

ソクラテスと若者たち

ソクラテスはアテネの市場で若者たちに囲まれ、彼らに質問し、対話を通じて思考を促していました。この活動は多くのアテネ市民にとっては、既存の信念や価値観に挑戦するものと見なされ、不快感を引き起こしました。しかし、ソクラテスは、若者たちが自らの信念を深く掘り下げ、論理的に考えることを学ぶ重要性を説きました。これらの対話は、ソクラテスが真理を追究する過程で、単に情報を提供するのではなく、自分たちで考える能力を育てることの重要性を強調しています。ソクラテスは、この方法を通じて若者たちに知的な自立を促し、社会的な常識や慣習に疑問を投げかけることを勇気づけました。

ソクラテスの思想

ソクラテスは古代ギリシャの哲学者で、西洋哲学の基礎を築いたとされる人物です。彼の思想は直接の著作を残さなかったため、主に弟子のプラトンを通じて伝えられています。ソクラテスの哲学はいくつかの重要な要素に集約されますが、今回はそれらをまとめわかりやすく紹介します。

問答法(ディアレクティケ)

ソクラテスは、知識を探求する方法として問答法を用いました。これは、相手に一連の質問を投げかけ、対話を通じて思考を深め、真理に近づく手法です。ソクラテスは、人々が自らの信念や価値観を深く反省することで、より深い理解に至ることができると考えました。

知の徳(知徳合一)

ソクラテスは「知ることは徳である」という考えを持っていました。つまり、真理を理解することができれば、それが正しい行動へと自然に導くという考え方です。徳を知ることができれば、人は善く行動することを選択すると彼は信じていました。

ソクラテスの無知

ソクラテスは自らの無知を自覚していたと言われています。「自分が何も知らないことを知っている」という彼の言葉は、真の知識への探求は、自分自身の無知を認識することから始まるという考えを示しています。この自己認識は、絶えず自分自身と対話し、常に学び続ける姿勢を育むことに繋がります。

ソクラテスの影響を受けた人たち

ソクラテスの影響を受けた人々をまとめました。ソクラテスとの比較にもなりますので是非ご覧ください。

プラトンの名言
アリストテレスの名言

ソクラテスの名言集(1)

名言1

わたしは最小限の欲望しかもたない、したがって、わたしは神にもっとも近い。

名言2

子供は、生まれたその日から、厳しくしつけなければならないものだ。

名言3

少量をうまくやる方が、大量にまずくやるよりもよい。

名言4

法は、善人のために作られるものではない。

名言5

吟味されざる生に、生きる価値なし。

名言6

よりよく生きる道を探し続けることが、最高の人生を生きることだ。

名言7

金持ちがどんなにその富を自慢しているとしても、彼がその富をどんなふうに使うかが判るまで、彼をほめてはいけない。

名言8

一番大切なことは、単に生きることではなく、善く生きることである。

名言9

悪法もまた法なり。

名言10

真の賢者は己の愚を知る者なり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました