チャールズ・ディケンズの名言34選! 「荒涼館」や「二都物語」のあらすじや生涯についても解説

チャールズ・ディケンズ 名言ブログのキャッチコピー チャールズ・ディケンズ
チャールズ・ディケンズの肖像画

チャールズ・ディケンズは、19世紀のイギリスを代表する小説家であり、彼の作品は今でも世界中で愛されています。彼は、社会の弱者を主人公とし、社会を諷刺した作品を多く発表しました。彼の名言には、「慈善を始めるのは家庭内から。そして正義は隣人から。」、「涙を流すことを恥と思う必要はまったくない。」などがあります。

チャールズ・ディケンズってどんな人?

項目内容
生年月日1812年2月7日
出生地イギリス, ハンプシャー南部, ポーツマス郊外
死亡日1870年6月9日
職業小説家
代表作『オリバー・ツイスト』, 『荒涼館』, 『二都物語』
チャールズ・ディケンズの略歴

チャールズ・ディケンズは1812年2月7日にイギリスのハンプシャー州ポーツマス郊外に生まれました。彼の家族は中流階級でしたが、父親ジョンと母親エリザベスは金銭感覚に乏しい人物でした。そのため、家庭は貧しく、ディケンズが学校教育を受けたのは2度の転校による4年のみでした。1824年、ディケンズが12歳のとき、彼の家族は破産しました。彼は一人で独居し、親戚が経営するウォレン靴墨工場で働き始めました。さらに、父親が借金の不払いのために債務者監獄に収監されました。家族も獄で共に生活を認められていましたが、ディケンズだけは一人靴墨工場で働かされました。この工場での仕打ちはひどく、彼の精神に深い傷を残しました。その後、ディケンズは法律事務所に勤めた後、ジャーナリストになることを決意しました。法廷の速記記者として働いた後、1834年に新聞記事を書いて以来、本格的に活動し始めました。また、いくつかの雑誌にエッセイを寄稿し、1冊にまとめた『ボズのスケッチ集』が評判を呼びました。これが作家活動の足がかりとなります。その後、雑誌『ベントリーズ・ミセラニー』の編集長となり、小説『オリバー・ツイスト』を発表しました。これが大人気となり、以後亡くなるまで創作を続けることになります。実際の事件・出来事や自身の経験・体験をネタに、『デイヴィッド・コパフィールド』『荒涼館』『二都物語』など定期的に長編小説を発表し、評価を受けました。晩年は鉄道事故に巻き込まれたり、妻と不仲になったり、プライベートは苦しいものでしたが、作家としての人気はずっと続きました。最後は脳卒中で倒れて息を引き取ります。58歳でした。

代表作品

チャールズ・ディケンズの代表作品のあらすじを紹介していきます。法制度や社会革命の批判など集団的な社会生活全般に対しての意見と見解を作品を通して発表しています。

荒涼館

『荒涼館』は、チャールズ・ディケンズによる中期の代表作で、1852年から1853年にかけて連載されました。ディケンズが英国の法律制度、特にチャンスリー裁判所の非効率性と不公平性を批判するために用いた作品です。小説は、社会正義への訴えとして、また文学的な技巧の面で高く評価されています。

あらすじ:物語の中心は、長年にわたる遺産を巡る法廷闘争「ジャーディス対ジャーディス」です。この裁判は、荒涼館(Bleak House)と呼ばれる屋敷の主、ジョン・ジャーディス氏の関連するもので、多くの人々の運命を狂わせています。物語は二つの視点で語られます。一人称で語られる部分は、エスター・サマソンという孤児の女性の視点で、彼女はジャーディス氏に引き取られ、荒涼館での生活を始めます。エスターは物語の道徳的中心であり、彼女を通じて読者は他のキャラクターやサブプロットと出会います。三人称で語られる部分では、ロンドンの貧困街や社会のさまざまな層の人々が登場し、彼らの人生がどのようにジャーディス対ジャーディス裁判に絡み合っているかが描かれます。重要なキャラクターには、エスターの実母である秘密を抱えたレディ・デッドロック、ジャーディス氏の従兄弟であるリチャード・カーストーン(裁判に取り憑かれた青年)、そしてリチャードの婚約者でエスターの親友であるエイダ・クレアがいます。裁判所の冗長な手続きが原因でリチャードは破滅し、レディ・デッドロックの秘密が暴かれることにより、彼女もまた悲劇的な運命を辿ります。物語の終わりには、法廷闘争は結論が出ず、多くの遺産が法律家の手数料で消えて無に帰します。

二都物語

『二都物語』は、ディケンズが政治的社会的な不正に対する批判、人間の持つ最高の美徳と最も暗い面を描き出した作品です。彼は、フランス革命がもたらした希望と絶望、正義の追求がいかに恐ろしい暴力を引き起こす可能性があるかを、力強く描いています。

あらすじ:物語は、1775年、フランス革命直前の混乱が始まろうとしている時期に始まります。英国人銀行家ジャービス・ローリーは、長年バスティーユ牢獄に不当に投獄されていたフランス人医師マネット博士を解放するため、パリへ向かいます。マネット博士は解放された後、長い間知らずにいた娘ルーシーとロンドンで再会し、新たな生活を始めます。語の中心には、チャールズ・ダーネイという若いフランス貴族がいます。彼は自身の家族が関与した過去の不正から距離を置くため、フランスを離れてイギリスに移住し、ルーシーと恋に落ちます。しかし、彼らの幸せは長くは続きません。フランス革命が勃発し、ダーネイは家族の過去によりフランスで逮捕され、死刑宣告を受けます。ここで物語にもう一人、重要な人物シドニー・カートンが登場します。彼はルーシーに恋心を抱きながらも、彼女と結ばれることはないと悟った弁護士です。カートンは、自らの人生に意味を見出すため、そして真の愛のために、ダーネイを救い出す究極の犠牲を払います。

チャールズ・ディケンズの名言集(1)

名言1

このような朝には溺死も幸福で平和だ、とふとあなたは考えたことはなかったか。

名言2

慈善を始めるのは家庭内から。
そして正義は隣人から。

名言3

涙を流すことを恥と思う必要はまったくない。

名言4

涙は肺を開き、顔を洗い、目を潤し、気分を和らげる。
さあ、泣こう。

名言5

猫の愛より偉大なギフトがあろうか。

名言6

いつもクリスマスが来ると、クリスマスは優しくて、寛容で、慈善的な良い時であると思う。
一年という長い時期の中で唯一、男女が一つの同意の下に閉ざされた心を開き、自分より下の人間を、別の種族の生き物ではなく、あたかも墓場への旅の仲間であるかのように考える時なのである。

名言7

悪い人々がいなければ、よい弁護士もいないだろう。

名言8

今日できることを明日にしてはいけない。
遅延は時間の泥棒だからだ。

名言9

他人に費やされた日は、自分の日を浪費したことにならない。

名言10

この世に生きる価値のない人などいない。
人は誰でも、誰かの重荷を軽くしてあげることができるからだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました