荘子 心を動かす名言集 – Page 1

荘子、その名は中国の哲学、特に道教の世界で非常に有名です。彼の言葉は、人間の存在と理解を深く探求し、我々の視野を広げるための鍵となります。このブログでは、荘子の名言を通じて、彼の思考と視点を探求します。彼の言葉は時に挑戦的であり、私たちが自己と他者、そして世界を理解する方法に影響を与えます。

彼の名言には、「犬はよく吠ゆるを以って良とせず、人はよく話すを以って賢とせず。」、「功を以て人に勝つことなかれ。謀を以て人に勝つことなかれ。戦を以て人に勝つことなかれ。」などがあります。

荘子の名言は、人間の心理、欲望、夢、そして無意識についての洞察に満ちています。それらは私たちが自己理解を深めるための道しるべとなります。このブログで彼の名言を共有し、それぞれがどのように私たちの日常生活に適用できるかを探求していきましょう。荘子と一緒に、知識と理解への旅を始めましょう。

荘子の人生

項目内容
名前荘子(Zhuang Zhou)
時代中国戦国時代
役割哲学者、道家の基礎を築いた人物、道教の始祖
主な著作『荘子』
主な教え「道」や「無為自然」など、自然と調和することの重要性
人生の特徴修行僧の指導という重責と名誉、絶えず学び続けることの重要性、謙虚さと自己犠牲の精神、精神的な探求と成長の旅路

荘子(Zhuang Zhou)は、紀元前369年から紀元前286年頃にかけての戦国時代の中国で活動した哲学者で、道教の基礎を築いた人物とされています。彼の著書『荘子』は道教哲学の基本テキストの一つとされています。彼は宋国(現在の河南省商丘市)出身で、その人生の詳細はほとんど知られていません。しかし、彼の思想と著作からは、彼が自己の理解と洞察力を深めるために絶えず学び続け、その知識を用いて他者を導くことに生涯を捧げたことが伺えます。荘子の教えは「道」や「無為自然」など、自然と調和することの重要性を強調しています。これらの教えは、私たちが自己と他者、そして世界を理解する方法に大きな影響を与えています。荘子の人生はまた、自己犠牲と奉仕の精神を示しています。彼は自己の欲望や野心を超越し、他者の精神的な成長と啓発に奉仕することに全力を注ぎました。この自己犠牲的な奉仕は、荘子が他者に与える影響力と影響力を高めます。最後に、荘子の人生は精神的な探求と成長の旅路であり、その旅路は終わりがないことを示しています。荘子であっても、彼自身がまだ学び、成長し、深化し続ける必要があります。この絶え間ない探求と成長は、荘子が他者に提供できる洞察力と知識を豊かにし、深めます。以上が「荘子」の人生です。それは修行僧の指導者である彼自身が経験する精神的な旅路であり、他者がその旅路を進むのを助ける役割です。

荘子の名言集(1)

名言1

犬はよく吠ゆるを以って良とせず、人はよく話すを以って賢とせず。

名言2

功を以て人に勝つことなかれ。
謀を以て人に勝つことなかれ。
戦を以て人に勝つことなかれ。

名言3

面と向って人を褒めたがるやつは、影に回ると悪口を言いたがる。

名言4

窮するもまた楽しみ、通ずるもまた楽しむ。
楽しむ所は窮通に非ざるなり。

名言5

君子の交わりは淡きこと水のごとし、小人の交わりは甘きこと醴のごとし。

名言6

至楽は楽しみなく、至誉は誉れなし。

名言7

徳をもって人に分かつ、これを聖という。
財をもって人に分かつ、これを賢という。

名言8

駿馬は一日に千里走ることができるが、鼠を捕まえることでは猫にはかなわない。

名言9

命長ければ、恥多し。

名言10

管(くだ)を用いて天をうかがい、錐(きり)を用いて地を指すなり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました